海水浴は遊びと学びの宝庫!〜我が家の海遊び・磯遊び〜

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

海遊び

こんにちは!3連休が終わってしまい、ブルーな気分のぺこぱぱです。

ロダ男
いやいや!あなた育児休業でまだ12月まで休みでしょ!
ぺこぱぱ
それでも3連休とただの平日は違うよ!平日は長女も保育園だから家族ででかけたりしないしね。
ロダ男
気分が“ブルー”といえば、海行ってきたんだろ?
ぺこぱぱ
どう繋がったかよくわからんけどそうだよ。
ロダ男
ほら、ブルー・オーシャンとか言うじゃん?
ぺこぱぱ
それ「海」のことじゃなく、経営戦略用語だからw

そんなわけで今回は海遊びの話題!

私は個人的に、海は子供にとって「遊びと学びの宝庫」だと思っております。もしかしたら、内陸の人間で普段「海と接しない」がゆえの過大解釈もあるかもしれませんが…w

スポンサーリンク
レクラングル大

海遊びは子供の五感をガンガン刺激する!

海水浴

外遊びは「風・土・砂・石・木・水・火」など五感を刺激するものがたくさんあります。

お家でゲームやアニメを見るのも勿論子供にとって面白いことではありますが、この「刺激の多さ」が、「内と外」の一番大きな差かと思います。

特に海は、

「いつもとは違う風の匂い(塩の香り)」
「足の裏から直接伝わる砂の感触や暑さ。また小石や小枝の痛み」
「泳ぐ中で身体の使い方」
「泳ぐ上でのルールを守る自制心や危機管理能力」
「普段とは違う光景に刺激される五感」
「目的達成のための計画と実行、工夫や創造性を要求される砂遊び」
「時間で刻々と変わる気温への身体的対応や、アウターでの調節」
「最後は大変な片付け・着替え・撤収作業を“やらなくてはいけない”」

などなど、思いつく限りでも「海水浴」に勝る外遊びはないんじゃないかと思ってしまうくらい海は「五感を刺激してくれる」し、「遊びと学びの宝庫」です。

夕方になると「空と海」が昼間とは全然違う色になるのもいい!海に消えていく太陽を見て、「お日様はどこからきてどこへ帰ったか」なんて話をするのもいいですよね!

ゴールデンビーチ

北海道留萌市ゴールデンビーチは、その名の通り「金色」に輝く!

正直近場に海がある人たちが羨ましいw

私は生まれも育ちも内陸なので…。内陸には内陸でこれまた学びの宝庫“山”がありますが、山があるのは海辺の地域の人も一緒ですからね〜。

海水浴場から少し足を伸ばして「磯」にいけば、これまた「磯の生き物取り」で、ガンガン脳が刺激されますよね。

山でバッタやクワガタとるのも工夫や作戦が必要ですが、「岩の下のカニをいかに引きずり出すか」という磯遊びの醍醐味とも言える所作には、なみなみならぬ「頭脳戦」「耐久戦」を強いられますw(地元の子供は簡単に捕まえてますがw)

ロダ男
海だけに波々ならぬってウケる〜w
ぺこぱぱ
「並々ならぬ」だよ。
ロダ男
わかってるよそんなこと。
ぺこぱぱ
めんどくせぇな…
ロダ男
磯の生き物ってどんなのGETしたの?サザエとかカツオとか?
ぺこぱぱ
「磯野」じゃないんだよ。まぁ、次項から我が家の海遊びを少し紹介しようか。

そんなわけで、我が家の「海遊び・磯遊び」をちょこっと紹介していきます!

私の失敗で、海が大好きな長女が「海に入らなくなった」悲しい事例も紹介します…泣。親がよくやりがちなミスかと思いますので、「悪い例」として見ていってください…w

子供が嫌がる時は無理に入らせない。「せっかく海に来たのに」は忘れたほうが良い。

海遊び

さっそく私の痛恨のミスから紹介しますが、今回の海は“大シケ”でした。けど3歳の時から1人で海に入って、ブイまで泳いでいってた長女だから、すぐ慣れるだろうと思ったんですね(現在4歳)。

あきらかに長女は「いやだ〜怖い〜」と今回の波の勢いを見て怖気付いていたのですが、浮き輪で繋がって入って見ることに。

ぺこぱぱ
「せっかく海に来たのに何を泣き言を!」

という親のエゴがあったのは言うまでもありませんw

ちなみに他にも似た様なことしているお父さんが多数いました…w冬には雪山のスキー練習でも似た様な人達がたくさんいます。私を含めお父さんってどうしてこうスパルタなのかw

砂浜とブイの中間くらいでは長女も「きゃっきゃ」と楽しんでいたのですが、大人の私も頭から海水かぶるくらいの波が一発きてから、長女は「もう砂浜に帰る〜〜!!」と、1人砂浜へ戻っていってしまいました。

長女が足のつくところまで帰ってったので安心しているとまた高い波が来て、「やばい」と思った時にはすでに遅し。長女は背中から波に押され、転倒し一瞬波に飲まれました。すぐ立ち上がって砂浜に自力で上がったものの、波を一気に飲んだからなのか、ゲロゲロ嘔吐。

以降この日長女は海に近寄りませんでした…泣。

あたりまえですよね。無理して入れなきゃよかったと超反省しました。けど、波に飲まれた瞬間立ち上がって砂浜まで自力で戻ってくれて本当によかった。立ち上がれず波に消えていたらそれこそ大惨事でした。

海の状態(寒すぎる・波が強すぎる)によっては、はるばる海水浴に来ても、「入らない」という選択をするのも大切だと痛感しました。

海に入れなくても良い。砂遊びだって海水浴の立派な遊び!

砂浜遊び

それ以降、一切海に足をつけたがらない長女…。

「せっかく海まできたのになぁ…失敗したなぁ…。」と思い、テンション下がっていた私を他所に、長女は気を取り直して砂遊びを初めてました。

その姿を見て、「無理に海に入って遊ばなくていいんだ。他にもできることはたくさんある。」と私も気を持ち直すことができ、その日は「とことん夕方まで砂で遊ぶ」にシフトチェンジしました。

砂はいいですね。「とことん綺麗な丸い泥団子を作る」ってだけでも小一時間集中できますw

「どれくらいの力加減で握るか」
「どれくらい水分を含ませれば丁度いい硬さになるか」
「3次元で視覚的に綺麗な丸になったか目でみる」
「なっていないところは手のひらで丁寧に整え、また肉眼でチェック」

色々なタスクをこなす中で、形が上手く整わなかったり、途中で割れてしまったり、柔すぎて形にならなかったり様々な困難があります。

大人には簡単なことでも、子供にとっては頭脳をフル回転させて挑んでいるのがわかりますよね。上手くできたときの表情は格別です。

泥団子作り

「どこよりも大きい砂山を作る」という目標で砂山作りをした時は、ほぼ私が砂をかき集め造形していましたw
「手伝えよ〜」と思っていると、長女が水鉄砲で海水をとってきて山にかけ始めました。理由は「少し水分があったほうが固まるから」と。長女は長女なりに考えて、やれることをやってくれていることに関心しました。

鬼ヶ島

ちなみに山は鬼ヶ島になりました。

「鬼ヶ島は怖いから女の子にする。」と言い、昆布でリボンつけたり、砂丸めてほっぺつけている長女に、「女の子だな〜」と痛感させられましたw

砂浜遊び

鬼ヶ島を可愛くデコる長女w

磯は生き物の宝庫!GETするには創意工夫や忍耐が必要。

磯遊び

さて、最後に磯遊びを紹介!

磯での遊びといえばやっぱり「カニ取り」ですよね。他にも魚もとれますし、ヒトデだっています。

「どこの岩の下にカニがいそうか予測する力」
「餌を垂らしてじっと堪える力」
「カニが食いついたらバラさない様に引っ張り出す力加減や駆け引き」
「どのタイミングで網ですくいあげるか。」

魚をGETするには、

「どう追い込むか」
「どう網ですくい上げるか」
「逃げないようにするにはどうしたらいいか」
「魚の動きを追う動体視力」
「魚の動きを予測し見通す力」

などが必要。

ヒトデは揺れる波間に目を凝らし、岩や海藻など雑多な中にその姿を見つけ出す「集中力」が試されます。あと、人によっては「触る勇気」かなw

とにかく「磯での生き物取り」には「創意工夫」や「計画性」「集中力」「忍耐」など、これまた遊びの中で様々な能力が鍛えられます!

磯の生き物

色々とれます!

正直「磯遊び」は4歳長女には難しいタスクばかりで、親の私が1人で夢中になっているだけですwけどその姿をみて子供は大きくなるので、いいのです。いずれ1人で夢中でやるでしょう!

他の家族とかを見ていて、3歳くらいの子でまだGETが難しくても楽しそうにしていたのが、この海を覗き込むスコープのようなもの!

小さいうちはこれで海を覗き込んで「観察」くらいでも十分楽しいでしょう!そして普通に欲しいと思いましたw

今日の考えた

まとめ

チェック 海は遊びと学びの宝庫
チェック 海に子供が入りたがらない場合、無理して入れても良いことはない。
チェック 海に入れなくても「砂遊び」だって体験できることはたくさんある!
チェック 磯での「生き物探し」もたくさんの学びで溢れている。
ロダ男
お!スターミーだ!モンスターボーーール!あ〜逃げられた〜。
ぺこぱぱ
こらこら!人が外遊びの素晴らしさや、磯で生き物捕まえる楽しさの話しているのに何やってるんだお前!
ロダ男
ポケGoだけど?
ぺこぱぱ
だろうな。外にでて身体使って遊べよ!
ロダ男
いや。ポケGoは外で歩きながらやるゲームだけど?ってか家でゲームボーイばっかやってたやつに言われたくないよ!
ぺこぱぱ
あー言えばこう言う!しかも痛いところばかり突きやがって!人でなしが!
ロダ男
スターミー逃したからって「ヒトデ」なし呼ばわりされたくないね!
ぺこぱぱ
「ヒトデ」じゃねぇよ!「人でなし」!もういいよ!

そんなわけで、今回は「遊びと学びの宝庫」である「海遊び」を紹介してみました!

みなさんもくれぐれも「安全」に注意しながら遊んでください…今回私はヒヤリハットだったので…汗。

以上!「海遊び」についてでした!

★書籍紹介
生き物の種類・捕まえ方から、「飼育方法」にまでこだわって書かれた、磯遊びの決定版!

今日の一枚

赤ちゃんと海

まだ遊べないのでまったく話題に出ませんでしたが、長男くん0歳も海デビューしていますw入ってないですけどねw潮風にご満悦です!

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも