3日で96%の子供が「オムツ卒業」できるトイレトレーニング法

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

おむつの子画像

 今回のテーマは子供の「トイレトレーニング」です!

 以前寝かしつけの記事を3回にわたって書いた時は、約80%近くの親御さんが「寝かしつけに悩んだことがある」という調査結果を紹介しました。

 トイトレに関してはどうなんでしょうね?どれくらいの親御さんが悩んでいらっしゃるのでしょう?

 上記にリンクした記事中でも語っていますが、我が家は「長女」の時、「ノイローゼ」になるかってほど「寝かしつけ」には苦労させられたんですよね…(今では良い思い出なんだから軽薄なもんです)。

 けど、オムツからパンツへの移行は、2歳の時に3日で完遂し、その後なんの苦労もなくトイレでできるようになってくれたので、あまり悩んだ思い出がないんです。
 四歳になった今では、外出先でも「1人でいい」とかってトイレに行くくらいなので、本人も苦手意識がないようです。

 なので、上記の「寝かしつけシリーズ」の時に比べると、記事から熱量の弱さが垣間見えるかもしれませんが(←だめじゃんw)、しっかりと「3日間で終わるトイトレ」について紹介しますので、お悩みの方はチェックしてみてください!

スポンサーリンク
レクラングル大

そもそもオムツは何歳で外す?

オムツ赤ちゃん画像

 まずは少し基礎をチェックしましょう!

 オムツ卒業は一般的に、「2歳」と言われていますね!
 我が家もそうでした。2歳と2ヶ月の時ですね。

 医学的にも概ね2歳前後と言われています。

 オムツが汚れる感覚が1時間前後になってきたら、膀胱の機能がしっかりしてきた証拠なのでトイトレしやすくなるとも言われています。

 また、もっと基本的なところでは、「子供自身が簡単な意思表示ができる」とか。

 ただし、開始時期はやっぱり「個人差」がつきまといます。

 それでも1歳半〜3歳がオムツ外しの適齢期と言われていて、4歳になってもオムツが外れない場合、「遅すぎる!」と、悩む親御さんも増えてくるようですね。

おまるやトレーニングパンツは必要?

おむつとパンツ画像

 必要ないです!w

 我が家も最初、念のためと、布パンツにはっつけて使う(女性のナプキンみたいな)、濡れ感を残して子供に不快感を教えつつトイレへ誘おう!というアイテムを購入しましたが、3枚くらいしか使わずトイトレが完遂したので、メルカリで売っちゃいましたw

 オムツメーカーから出ている「トイレトレーニング用パンツ」みたいのも、基本は「やや不快感を残す」仕様になっていて、3日間の集中トイトレをするなら不要です。

 おまるもまったく使いません。

 その代わり絶対必要なのが、大人のお尻サイズになっている便座を、子供も座れるようにする便座カバーみたいなやつですね!

 「子供をトイレへ誘うモチベーション」にも関わるので、アンパンマン好きならアンパンマンの便座。キティちゃん好きならキティちゃん便座。プリンセスソフィア好きならソフィア便座など、子供に合わせて買ってあげると尚よいでしょう!

時期がくれば自然にトイレ排泄、オムツ卒業できるって言うけど?

おむつを持つ子画像

 たしかにそれでできる場合もあるでしょう!

 けどそれって、寝かしつけの工夫なんてしなくても、うちの子はほっといたら自然に寝るよ?って言っているのと同じで、できる子もいればできない子もいますよねw

 あと、「時期がくれば自然にできるようになる」は、逆を返せば「時期を過ぎると出来るようになるのに苦労する可能性もある」ってことです。

 さらに言うと、これは私独自のセコい考えかもしれないですけど、早めにオムツ卒業すれば、「家計がめっちゃ助かりますw」

 1歳~3歳くらいまでM/Lサイズのオムツを、1日あたり8回変えたとしたら、2年間(630日)で合計5040枚使います。オムツ一枚26円くらいですから、

「5040枚× 26円 = 131,040円」

 オムツにかかる費用って半端ないですw

 3歳まで「オムツ卒業」を自然の成り行きに任せていたらかかった費用を、3日間の努力でペイ出来たんだから、お得としか言いようがありません。
 (だからといって時期じゃない子を無理にしつけるのは反対なのであしからず。)

3日間集中トイレトレーニング

 さて、いよいよ本題!
 ここから具体的な方法論を紹介していきましょう。
 最初に断っておきますが、3日で終わるかわりに、この3日間はちょっぴり大変でしたw

準備と親の心構えについて

①失敗して怒るのはNG
 心理学者フロイトは「排泄物は子供から愛する親への最初のプレゼント」と言っていますw
 そのくらいの心持ちで、失敗は「絶対怒らない」
 そのために、汚されたくない(よごされたら大変な)カーペットやラグ等々は、3日間だけは撤収してください。

 また、3日間「オムツは一切使わない」ので、子供も気持ちがブレないよう、余っているオムツはどっかへ隠しこんでしまいましょう。(就寝時は普通につけてOK)

 汚されてもいい「安めのズボンや古着」や、雑巾を多めに持っておくのも手です。

②3日間の連休を確保しよう
 この方法は3日間ぶっ通しでやります。あと、この3日間だけは「失敗すること」が多々ありますので、できれば夫婦2人が3連休が望ましいです。忙しいですから!
 土日と月曜が祝日の日とか、我が家は年末年始の家でダラダラできる日をチョイスしてやりました。
 この3連休の確保が、意外に難しい方もいらっしゃるかもしれませんが…。

定時排泄法 

③10分〜20分置きにトイレへ連れて行こう
 1時間で考えると、10分置きなら6回。20分置きなら3回連れて行きます。
 そして、最低でも5分座っててもらいます。
 5分座っても、出る時も出ない時もあるでしょうが、もし出たら目一杯褒めます。
 前述の通り、2歳前後では膀胱が発達し、1時間〜2時間は膀胱におしっこを貯留できるので、1時間に3回〜6回トイレに行っていれば、どこかで出る可能性が高いです。
 もし、この頻度で連れてっているのに、居間などで失敗してしまったら、その時は残念。次のチャンスを待ち、怒ることはしません!

※こまめにトイレへ行くのを嫌がる子は、トイレにお気に入りの本やオモチャを置いておく、トイレで親とできる手遊びを考えるなど、工夫が必要です!(そのため先ほど、お気に入りキャラの子供用便座も有効と書きました)

 ここの工程が一番大変ですが、3連休の3日間頑張れば、あとが楽になると思って頑張りましょう!
 1時間に6回トイレへ連れて行くなんて多過ぎると思っても、一日中ではなく、最初の3時間ほどだけ6回誘導にしていれば、一回くらいは成功します。
 その時褒められた経験で子供自身も「トイレ排泄」への気持ちが乗ってきますので、その3時間以降は1時間に4回(15分置き)、3回(20分置き)などに、徐々に頻度を減らしましょう!

成功の可能性を高める方法

④水を普段の1.5倍飲んでおく
 コップ一杯半飲む子は、コップ一杯と半分飲んでもらいましょう。
 利尿作用の高い「麦茶」や「スイカ」なら尚良いです。
 いっぺんに飲めない子も、トイレに行ったあと毎にコマメに飲ませることで、膀胱におしっこが貯留し、膀胱圧が高まり、「成功する確率」が高まります。

⑤トイレで成功のあとはご褒美を
 1時間に6回トイレ誘導し、空振りが5回続いたあとに6回目でたまたま出たとします。
 親なら嫌でも褒め称えるでしょう!それと同時に、この3日間のトイトレキャンペーン用に、特別に用意した「お菓子」などのご褒美を、成功ごとにあげましょう!
 一口サイズのパイの実とか、ミニシューみたいのとか!甘いものに抵抗があれば、じゃがりこ1本とか、ご家庭に合わせてなんでもいいです。
 ただ、普段とは違う「この3日間」「トイレ成功後だけ」もらえるモノの方が、子供もノリやすいでしょう。

「トイレ排泄」連続成功コンボを目指せ!

⑥その後はひたすら連続成功を目指す
 ここまでで、2日目、3日目になるにつれ、「定時でトイレへ行く」「成功すれば褒められる&ご褒美」で、だいぶ子供も「トイレ排泄」が板につきます。
 そしたら親の「気が抜けがち」です。「1時間に1回でいっか。」みたいなw
 でも、3日間の辛抱ですので、最後まで気をぬかないでください。
 最後まで1時間に3回から6回の誘導を守って、居間で失敗する経験を可能な限りなくし、「連続成功コンボ」を目指してください。
 3日目の終わりにかけて、この連続成功コンボをどれだけ続けられたかで、4日目以降の失敗頻度がグンと下がるので、最後まで諦めず頑張りましょう!

「以上!」
3日で96%がオムツ卒業できるトイトレ方法でした。

まとめ

オムツと子画像

 いかがでしたか?
「こんなの大変でできない!」って感じでしょうか?
「3日で終わるならやってみようかしら?」と思われたでしょうか?
 どのみちオムツを外す時期と、「失敗する期間」は訪れるので、3日間集中して終わるならありかな?と思って半信半疑で始めた我が家も、見事2歳2ヶ月の時「オムツ卒業」することができました。

方法をもう一度まとめると

①失敗しても怒らない
②3日間の連休を確保
③定時トイレ誘導
④水分を多く取る
⑤成功のあとはご褒美
⑥連続成功を目指す

 この6つです!
 トイトレについてお悩みの方は、試してみてはいかがでしょうか。


おまけの小話
 実は「我が家はトイトレ3日で完遂!」の前日談がありまして、うちの妻がなんの作戦もなく、ただただ子供をトイレに座らせては、「ギャン泣き」される。という…w
 そこで子供を不憫に思った私が、調べに調べて見つけたトイトレ法がこれだったんです。なので、正確には、3日で完遂したの前に、妻が何度か上手くいってなかった事例があったんですね。
 今長男が3ヶ月なんですが、男の子のトイトレもこの方法でやってみるつもりです。男女の差とかあるのかな〜?と、今から戦々恐々としていますがw

関連書籍画像
★著者は「子育てブラックジャック」の異名を持つ行動分析学者「奥田健次」先生。
子供の問題行動を数万件異常解決してきた手腕から、日本各地のみならず、世界各国から指導依頼を受ける国際セラピスト。「スッキリ」「あさイチ」「NNNドキュメント」などのメディアでも「今、最も注目されている教育者」と紹介されている。

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも