【子供の習い事】アスリートは幼児期に水泳をやっている?〜水泳の以外な効果〜

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

水泳 習い事

こんにちは!イクラは日本語ではなくロシア語だと最近知って衝撃を受けたぺこぱぱです。イクラはロシア語で魚卵のことなので、タラコもキャビアも「イクラ」ですwちなみに「天ぷら」はポルトガル語で「調理」って意味です。

ロダ男
何この「トリビアの泉」的な入りwそんなブログだっけ?w
ぺこぱぱ
いや、違うけど導入文に特に書くことがなかったからw
ロダ男
じゃあ今回の記事にまつわるこんなトリビア知ってる?TOPアスリートは皆んな水泳をやっていた!
ぺこぱぱ
言わなくてもそれが今回の記事のタイトルだよ!w

そんなわけで、前回以下の記事で長女が水泳を始めたことを書きました。

『幼児に習い事は必要ない』と思っていた私の長女が“水泳”に通う事になった話。
こんにちは!体操教室や水泳習っていたのに、運動神経0のぺこぱぱですw さて、タイトルにもありますが我が家の長女(4歳)が習い事を始める...

通うきっかけは今回の記事タイトルのように「一流アスリートにしたい!」と思ったわけではなく、ただたんに「来年プールで泳ぎたい!」と長女が言ったからなのですが、後付けで「習い事としての水泳」について調べると、意外や意外!すごいメリットがたくさんあるんですね〜。今回はそのことについて書きたいと思います!

スポンサーリンク
レクラングル大

大谷翔平・錦織圭・本田圭佑も!?幼児期に水泳を習っていたアスリートたち

水泳 効果

代表的な選手を上記にあげさせてもらいましたが、他にも以下のようなメジャーなアスリートが水泳を習っていたそうです。

・荒川静香(スケート)
・杉山愛(テニス)
・松岡修造(テニス)
・前田健太(野球:広島カープ)
・藤浪晋太郎(野球:阪神)
・澤穂希(サッカー)

どの方も最前線で活躍している(していた)粒ぞろいのトップアスリートです。

実は同じ旭川スイミングスクールに通うお友達のお母さんが、「松岡修造が水泳はアスリートとしての身体を作る。」ってTVで語っていたという話を聞いて今回調べてみたのですが、こんなに出てくるとは驚きですw

スイミングは身体をくまなく鍛えてくれる!

水泳 メリット

さて、上記の話を踏まえてまず浮かぶ疑問はこれでしょう。

Aさん
水泳にどんな効果があったんだろう?

それについても松岡修造はテレビで語っていたそうです。

・幼少期はルールを理解してプレイするスポーツはできないし、ラケットに当てるなど高い技術を必要とするものもできない。
・また、体操などは競技によって「特定の筋肉」しか動かさないし使われないが、水泳は全身をくまなく動かす。
・そのことにより、今後のスポーツに必要な「身体の基礎」や「体力や精神力」、「柔軟でしなやかな筋肉」が鍛えられる。

これも全部、長女のお友達のお母さんの受け売りですw正確には修造さんの受け売りです!

また百獣の王「武井壮」は

「スポーツとは、脳内のイメージ通りに自分の身体を動かせるかどうかの競い合い」

と語っています。

水泳はまさしく、頭から指先からつま先まで、イメージ通りに動かせないと溺れる(もしくは上達しない)わけですから、スポーツ全般の能力向上につながるのもうなづけます。

水泳は脳の発達にも良い!?東大生の60%は水泳を習っていた。

スイミング メリット

さらに言うと、水泳は「四肢をバラバラ」に動かさなければなりません。「左右の動作」も別々な動き。さらに「呼吸の管理」まで連動させ、そこに「適切なリズム」「筋肉の出力の調整」も入り、全身をスムーズに連携させなければいけません。

しかも普段の「地上」とは違って「水中」にはいつもと違う「浮力」があります。浮力の中で身体を浮かせて自由に遊ぶ(動く)ことは、脳の「空間認知機能」をガンガン使うそうです。

ただ泳いでいるだけとは言え、こうして言葉にするとすごいことやっているんですね水泳ってwこれらはもちろん、幼少期の「脳ー神経系の発達」として、使えば使うほど鍛えられますよね。

東大生へのアンケートで60%の人が水泳経験者だったことも有名です。

ホンマでっかTVでも以前、水泳経験者は「空間認識能力」「視覚運動能力」が非常に長けていることが研究でわかっていると紹介されていました。つまり「数学の能力」にもつながるということですね!

習い事での達成感は「自己効力感」や「やり抜く力」を育てる!

水泳 効果

これは水泳に限らない話かもしれませんが、今年(2017年)アマゾンの本部門で大賞をとったアンジェラ・リー・ダックワースの「グリット(やり抜く力)」の中でも、習い事は子供のやり抜く力を育てると書かれています。

グリットの研究といえば、人の人生の成功はIQではなく「やり抜く力があるかどうか」によって決まっていたと証明した研究で、アメリカの天才賞を受賞し、オバマやビルゲイツ、マークザッカーバーグもその力の重要性に言及したことでもしられています。

グリットは非認知能力という、頭の良さとは別の「精神面の能力」の一つで、「グリット」の研究以来海外ではこぞって教育機関がその育成を理念に取り入れています。日本でも2020年の新学習指導要領にてやっと取り入れられますね!

水泳から話が逸れましたが、要するに習い事は「人の精神力」を鍛え、簡単にへこたれない人間としての素地を鍛えてくれるということですね!

前掲書の中でアンジェラ・リー・ダックワースは、習い事が何故有効かに対して以下のように述べています。

①親以外の大人の指導を受けること。
②このような活動に取り組むことで、興味を深め、練習に励み、目的を持ち、希望を失わずに取り組むことを学ぶことが出来る。

もちろんある程度効果を享受するには、「続ける」ことも前提になってきますけどね!

まだまだある水泳のメリット!

水泳の効果

ここまででも十分、習い事としての水泳の魅力が伝わったかと思いますが、実はまだまだあるんですw以下から簡単にまとめてみましょう。

【スイミングで体力作り】鍛えろ!無酸素作業閾値

水泳は「無呼吸で運動」する場面が多いスポーツです。というか、圧倒的にそんな場面水泳でしかありえないですよねw

これは、「無酸素作業閾値」という、「少ない酸素でどれだけ活動できるか?」という数値を向上させるのに非常に有効なんだとか。

つまり少ないエネルギーでどれだけ活動できるかという、燃費の良い身体になるわけですね。

【スイミングで喘息予防】鍛えろ!心肺機能

上記とも関連するかもしれませんが、当然心肺機能は上がりますよね!しかも、胸に水圧がかかるぶん呼吸筋を活発に働かせなくてはならず、陸上競技以上に「心肺機能の向上」に寄与してくれるそうです。簡単に息が上がって「ぜぇぜぇはぁはぁ」しなくなるということです。

その心肺機能の強化や規則正しい呼吸は、喘息治療にも良いとされ、医療機関でも喘息患者に進めているそう。

思えば私も幼少期から喘息持ちで、小学校でスイミングスクールに通い始めたのですが、その後喘息にはほとんど悩ませれていません!

【スイミングで風邪予防】鍛えろ!体温調節機能

小学校の教室ですらエアコンで一定の室温に保たれているご時世、子供の体温調節機能は衰え、「子供は風の子、元気な子」は今は昔の話になってしまいました。

そんな中スイミングには、「風邪をひきにくい強い身体をつくる効果」もあるそう。「水の冷たさ」「前後に入る暖かいシャワーや風呂」「外の気温との温度差」などなどで、嫌が応にも「皮膚感覚」が刺激され、自律神経系が働き、体温調節機能がガンガン稼働するわけですねw

確かにうちの長女も、プール終わって外に出ると

娘ちゃん
う〜。さっむい!

とか言ってますwそりゃ濡れた身体や頭で出るんだから当然ですよね(けど風邪はひいてません)。
旭川スイミングスクールの他のお子さん見ていると、こんなの頭にかぶせている。

これ欲しい。ってか北海道の冬は買わなきゃ髪の毛凍るよな…w

【スイミングで事故防止】不幸な水難事故を未然に防ぐ!

これは意外な盲点でした。確かに泳げれば「溺れて亡くなる」なんて不幸な事故に遭う確率は減りますよね。

実際多くの水難事故では「泳げれば助かっただろう」という例が多いそう。泳げるまでいかなくても「せめて浮身ができれば…。」ということも。

そういう不幸を避ける意味でも、水泳が役にたつとは。滅多にないことだけど、侮っていて不幸に見舞われた時のショックはでかいですもんね。 

水泳を始めるタイミングは?何歳からスタートするのが良いか?

水泳 何歳から

さて、ここまで水泳の様々なメリットを紹介してきましたが、いつごろから始めるのがベストなのでしょうか?それを考えるには「ゴールデンエイジ」の考え方がヒントになります。
以下の表は年齢別の「脳の柔軟性」「神経系の発達」「動作取得の発達」の時期をグラフにしたものです。

ゴールデンエイジ

4歳〜10歳のあたりで、「神経の発達」と「動作取得の発達」がいい感じに伸びていますよね!
逆に脳の柔軟性(可塑性)は、生まれた時からどんどん低下していきます(これは当然です。脳は赤ちゃんのままだと燃費が悪すぎて保たない)。

動作取得の発達は、ちょうど4歳〜10歳手前くらいでぐんぐん伸びていくので、この時期に水泳で「身体や精神」の素地を作っておくと、その後のスポーツにも繋がりやすいそうです!

ちなみに、この時期はどんどん吸収し伸びるので、水泳と同時並行で色々な運動を取り入れるのも効果的だそう(本当に極めたいスポーツも同時に習うとか)。

まぁそれは、本気でアスリートを目指す人たちの話かもしれませんがw

親御さん
小学校・中学校に向けて、身体や体力の基礎を作ってあげたい!

くらいなら、水泳一本でも十分でしょう!

今日の考えた

まとめ

チェック 何気なく始めた(なんなら反対していた)長女の水泳。
チェック 調べてみると色々なメリットがあることがわかった!
チェック 水泳選手にするとかじゃなくても、将来の「身体」「精神」の基礎作りとして有効。
チェック アスリートにしたい!という場合でも、お目当ての競技と同時に水泳を取り入れると良い!
ロダ男
いや〜水泳ってすげ〜な。なんも言えねえ!
ぺこぱぱ
北島康介っぽく言わなくていいんだよ!w
ロダ男
人だってもともと祖先は海中の生物。やっぱ水の中でこそ能力が研ぎ澄まされていくんだね。
ぺこぱぱ
いや、それは無関係な気しかしないけど、鍛えられる部分が多くてびっくりはしたよね。
ロダ男
長女ちゃんは今のところ喜んで通っているの?なんか「行きたい!」って言った割に紆余曲折あった話を前回の記事でしてたよねw
ぺこぱぱ
めっちゃ張り切って通ってる!w毎週楽しみにしてるわ今のところ!
ロダ男
よかったね〜
ぺこぱぱ
聞いといて興味なさそうにするな!w

そんなわけで今日は「水泳教室に通うメリット」について色々書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

私は、習い事ランキングの上位に常に水泳が入っている意味がなんとなくわかった気がします。実際旭川スイミングスクールもめっちゃ繁盛してますしねw

我が家の長女の水泳通いについても、今後進展があったらブログで書いて行きたいと思います。

以上!水泳の効能のお話でした!

おすすめ図書

★書中で実際の東大生が水泳に通っていたこと「良い脳トレーニングになった」とべた褒めしていますw

今日の一枚

スイミング 効果

もともと泳ぐのは好きな長女。来年は浮き輪なしで海いけるか…?w


リンク

★妻にほだされ、4歳の娘をスイミングスクールに行かせることになった話!

『幼児に習い事は必要ない』と思っていた私の長女が“水泳”に通う事になった話。

★同じ習い事でも、音楽は研究結果で効能についていささか怪しい噂も。

【習い事】歌や楽器など「音楽教育」が子供にもたらす効果の“ウソ・本当”

★TOPアスリートまでを考えるなら遺伝子の影響は無視できません。スポーツの才能は90%遺伝します。

子供の学力や才能は遺伝?行動遺伝学であきらかに。

★習い事を始める前に読みたい記事!

【成長思考】失敗してもチャレンジし「努力できる子供」と「挫折し諦める子供」

「努力できる子」になるために親が教えられる『たった1つ』のこと

★記事中でも登場した「やり抜く力(グリット)」の話も今後HOTな話題の一つでしょう!

幼児期からできる!グリット(やり抜く力)の鍛え方

子供の将来にIQより重要とされる「2つのスキル」

【2020年】学習指導要領でもIQより重要視される「非認知能力」とは?

★始めるなら早い方が良い。「非認知能力」発見の祖、ヘックマンが提示する、「幼児教育への投資」の有効性。

「幼児期の教育」が将来を決める科学的根拠

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも