【知らないと10年後仕事はない?】なぜ小学校で『STEM教育』が必要なのか?

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

プログラミング教育

こんにちは!先日初めてシメパフェ(北海道は札幌で有名な)なるものを食べましたが、やっぱりシメはラーメン派なpeco★papaです!

さて、前回のこちらの記事(2020年小学校の学習指導要領で導入される『STEM教育』って何?)で、STEM教育ってなんだろう?という話をしました!
2020年から義務教育の学習指導要領に組み込まれるということで、そのこと長女が小学二年生になっている私としては気になって色々調べてみた次第です。

前回内容を簡単に要約しますと

・第4次産業革命を目前とし、IT人材が“37万人”足りなくなることが今から予測されている。
・第4次産業革命にむけ「科学・技術・工学・数学」の力を鍛えることを、それぞれの頭文字をとって「STEM教育」と言われている。
・アメリカでオバマ大統領が「STEM教育を強化する。」「これからの世界を救うのはオタクだ。」などと発言し徐々に世間にも認知される。
・今では世界各国競うようにこぞって「STEM教育」への取り組みが活発化してきている。
・日本も遅ればせながら、2020年の学習指導要領で取り組まれる運びとなる。

などという内容でしたね!

今回はその続き!
「STEM教育」が何故必要なのか?についてもっと掘り下げて考えていきたいと思います。

なんのために国が小学生にプログラミングなんてやらすねんwって話ですよね。

参考にさせていただいた図書は、「AI時代の人生戦略」という本。
著者は元マイクロソフトの代表取締役社長で、現在も様々なベンチャー起業の代表取締役・顧問や、早稲田大学の客員教授も務める、成毛眞氏です。

まずは一番のポイントかもしれない、「今ある職業の50%がAIやロボット・機械に代替えされるまで10〜20年しかない!」という話から始めましょう!

スポンサーリンク
レクラングル大

10年〜20年後「なくなる仕事」「なくならない仕事」ーAIによる代替え可能性ー

AI仕事

さて、上記タイトルについては、現在働き盛りの若者も、10年〜20年先に可愛い我が子を社会に送り出す親御さんも、大いに気になりますよね。

私はその両方ですから、興味がないわけありませんw50歳前後で子供もいなけりゃ「まぁそのころは定年で丁度よかったわ」なんて思えそうですけど、まだ30代ですからw

この「消える職業、残る職業」なんて恐ろしくもありがたい統計は、イギリス・オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が、2013年から、10年〜20年かけて、アメリカの雇用の47%がAIに代替えされると予想したものです。

日本でも同じような統計は出されていて、2015年に野村総合研究所が、同じく10年〜20年かけて、今ある仕事の49%がAIに代替えされるという予測を発表しています。

では気になる「どんな職業が消えるのか?」について次項で話しましょう。20代30代の現役会社員の方はドキドキしながら見てくださいw

ズバリ!なくなる可能性の高い仕事100選!

20年後なくなる仕事

(嫌な100選ですねw)

まっさきにAIに代替えされていく可能性が高い職業は、特別なスキルや知識がなくてもできるもの。データ分析や秩序的・体系的操作が求められる職業などとのこと。
ちょっと小難しいし、「で?それってなに?」って感じなので、以下に野村研究所が実際にまとめた、代替え可能な100の職業を紹介しましょう。

なくなる仕事

出典:ITmediaビジネスonlineのもが非常に見やすかったので引用

いかがですか?自分の仕事は入っていましたか?私はセーフでしたw

では「無くならない仕事」を次項で紹介していきましょう!

残る可能性大。なくならない仕事100選!

10年後もなくならない仕事

残る可能性の高い職業は、

・芸術、歴史学、考古学、哲学、神学など抽象的な知識が必要なもの。
・他者との協調、理解、説得、交渉、サービス志向性などが必要なもの。

これらのような創造性や協調性、非定型的な分野では、AIが人間に置き換わることは難しいとされているようです。

これもまた、野村研究所がまとめた具体的な職業名を紹介させていただきましょう。

なくならない仕事

出典:ITmediaビジネスonlineのもが非常に見やすかったので引用

いかがでしたでしょうか?みなさんの職業は入っていましたか?

さて、ここまでの話で大体

「何故小学校でプログラミングを始めとするSTEM教育が盛んになってくるのか?」

の全貌が大体見えてきましたね。同様に各国も何故STEM人材の育成を急務としているのかもわかってきますね。

要するに

これまでのような単純作業はもうなくなる。街に働きぶちのない人や、失業者が溢れたら困るから、今から「科学・技術・工学・数学」を必死で勉強してね!

ってことですね。

タクシー運転手はタクシーが自動運転技術にとってかわられると失業です(アメリカではすでにUberという会社でその問題が盛んですね)。そんなことがその他50%もの仕事で起きるわけです。

そうならないためには、タクシーを運転するという単純作業から、「自動運転車をプログラミングしたり、設計したりするスキル」に変化していく必要があるわけです。

そうでなければ、「あなたの作業はもう機械でできるのでさようなら」となるわけですね。

その辺の話を次項でさらに詳しくしていきましょう。

「50%の仕事が無くなる可能性がある。」は本当か?

なくなる仕事

私を含め、一般人が普通に日常生活を営んでいて、自分の仕事を脅かすかもしれない“どこぞの研究所の最先端テクノロジー”に触れる機会など皆無ですよね。
ゆえにここまで書いたようなことは実感として非常に捉えにくい。

「まっさか〜www」
「大げさなwww」

みたいな感じw
私自身も調べながら「本当かよ。」って思っていましたから。

でも歴史を見ていくと、ここまでしてきたような話は、実はすでに何度も起こっているんですね。

先に紹介した、「人生戦略」の本の中に詳しく書いてましたので参考にさせてもらいつつ、以下から見ていきましょう!

すでに「昔はあった」が「今は無くなった」仕事たち

なくなる仕事

・昔は電話交換手という職業があり、電話をかける側と、受ける側とを人力の作業でつないでいた。現在は、電話交換機の発明で、その仕事はなくなった。

・昔はボーリングのピンを一回一回手作業で直す仕事があった。これはもちろん現在では自動で機械が並べてくれる。

・目覚まし時計の発明前には、指定した時間に寝室の窓をノックする仕事があった。

・ガスランプが街に明かりを灯していたころは、ひとつひとつ手作業でランプに火を灯す職業があった。今は暗くなればセンサーで自動でつく。

・工場で働く人々のために、BGMとして本を朗読してくれる職業があった。今はもちろん音楽やラジオがボタンひとつでかけられる。

・冷蔵庫に製氷機がついていれば氷は家で自動生成されるが、そんなものがなかった頃は凍った湖で氷を切り出してくる仕事が存在した。

などなど…前掲書の中であげられているだけではなく、このように今と昔を比べれば、テクノロジーの進歩で、影を潜めた仕事は無数にあるのですね。

「無くなった仕事」が消えた原因はテクノロジーによる代替え

AI仕事

さて、すでにたくさんの仕事が知らぬまに影を潜めていったことを書きました。

その一方で代わりに、

・目覚まし時計を作る仕事
・ボーリングのピンを並べる機械を作ったりメンテナンスする仕事
・冷蔵庫を作る仕事
・自動街灯のセンサーを開発や制作をする仕事

などなど、新たに生まれた仕事もあるわけです。

それらは「時間通りに窓を叩く」「ボーリングピンを手作業で並べる」などの単純作業と比べると、圧倒的に「テクノロジーに関連した知識」が必要な仕事です。

すでに「科学・技術・工学・数学」にとって変わられ、影を潜めた仕事たちはたくさんあるというわけですね。

そういえば最近イオンに買い物にいくと、もっぱら「セルフレジ」使っていますわw

あとうちの「床掃除」という労働は、ルンバにとって変わられてますw(大いに結構w)

AI(人口知能)に「使われる側」になるか「使う側」になるか。

AI仕事

さて、最後の項目ですが、大切なポイントを前掲書の著者が述べていましたので、紹介します。

ここまでの話を読んだ方はすでにお分かりかと思いますが、将来はAIを使う側の人間使われる側の人間に二極化が進むという話です。

「科学・技術・工学・数学」のできる人間はどんどんAIをツールとして生み出し、イノベーションを起こしていく。できない人間はそのAI技術に命じられるままに動くだけの仕事にしかつけない時代がくると言う話です。

AIに使われる人間というのが抽象的で具体的な例がないためイメージしにくいですが、

会社にパソコンが普及し始めた頃、Excelなどを使いこなせる人間はどんどん仕事を効率化し、難しいデータ処理をPCでこなし社内での戦力度も高い。
一方、PCがまるでダメな社員は、Excel様が次々印刷コピーしてくる書類をパンチしてファイリングしていく仕事や、清掃やお茶汲みのような雑務を低賃金で延々やらされる。

みたいなイメージだろうか?もちろん後者の社内での戦力度は低く、人材としての価値は低いのでしょう。替えもいくらでもききます。

他には、

スマホを作ってイノベーションを起こせる技術者たちがどんどん成功して金儲けしていく下で、技術者が作ったスマホをせっせと売り込む末端社員がいる。さらにその下には、その端末をPRするために、低賃金で広告入りのティッシュ配りをやっている人たちがいる。

みたいな感じだろうか。

まとめ

プログラミング教育

チェック 「科学・技術・工学・数学」を制した人たちが第4次産業革命時代を牽引していく。
チェック そのスキルが低い人は、テクノロジーのしもべになるか、失業を余儀なくされる。
チェック これは現代までも見られてきた現象で、今後10〜20年でより加速し、労働力の二極化が顕著になる。
チェック 国としても大量の失業者を出したり、技術開発で他国に遅れをとるのは「国力の低下」につながるので、教育改革へ着手しSTEMを盛り込んできた。

ここまでの話を簡単にまとめると、以上のような感じでしょうか。

そういえば「21世紀の資本論」でトマ・ピケティさんも、富の格差が開く要因として、「働くために必要な技能が高度化している」と述べてました。中間層と言われてた人たちが消滅し、このままでは「富めるものー貧しいもの」になると。(その前に資本の有無のほうがでかいというのが一番の主張でしたけど)。

例えば、昔の農業はみんな手作業でみんな横並びでやってたのでそんなに格差はなかったが、今の農業は「バイオテクノロジー」「ドローン」「品種改良」など、最新のテクノロジーや科学技術やマシーンをいかに使いこなすかの生き残り戦争に勝ったものが「富める」ようになってきたというようなことですね。

STEM教育に関する保護者調査で、現在の認知度は「30%代」だったと言いますが、今後嫌が応にもますます注目されるワードでしょう。みなさんはどう思いますか?

以上!「STEM教育は何故必要なんだろう?」について考えた話でした!


peco★papaのおまけの小話
STEMを知らないと生き残れないけど、現段階ではまだ始まる段階。って考えると、現在早くから取り組んだ人はもう社会で活躍しているんじゃないかと考えて調べたらやっぱりいましたねw小学生プログラマーがアプリ開発して稼いでるとか、ゲーム制作のプレゼンをして企業から出資うけて小学生社長やってる子供とかw「新しいステップへの移行期」ってのは、ポジティブに捉えれば、「上手く波に乗れればチャンス」とも言えるんですね。 

関連書籍画像

AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である (SB新書):成毛眞

★今回の記事編集でも大変お世話になった書籍!STEMについて少しでも興味があったらまず読んで見るべき本だと思います!


人工知能時代を生き抜く子どもの育て方:神野元基

★来たる第4次産業革命の未来のために何かアクションしたくても、何をしたらいいかわからない。という人にうってつけの本。著者は神野元基:北海道出身でシリコンバレー企業を経て、2012年より未来を見据えた学習塾COMPASSを設立。


ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング

★フィンランドの女性プログラマー、リンダ・リウカスが、子どもがプログラミングを学ぶ糸口となるように作った絵本。なんとプログラミングコードなどは一切でてこず、あくまでプログラムの「基礎」となる思考を養う本らしいです。知識のない親でも子供と楽しめそうですね!


リンクへの装飾画像
もっと読む画像

★前回の記事を読んでいないというかたは合わせてどうぞ!遅れている日本より先に先進諸国が手をつけているSTEM教育などについてもまとめてます。

2020年小学校の学習指導要領で導入される『STEM教育』って何?
こんにちは!この記事と全然関係ないけど(w)、本日結婚生活5年の記念日を無事迎えたpeco★papaです!朝一で「おめでとう」と「いつも...

★2020年の文部科学省「学習指導要領」で変わることはSTEM教育の導入だけではありません。今後の時代を生き抜くためにIQよりも重要とされる“非認知能力”についても新たに盛り込まれることがわかっています。

【2020年】学習指導要領でもIQより重要視される「非認知能力」とは?
みなさんこんにちは!昨日4ヶ月検診行って、長男が栄養指導士の前で笑ったら、「かわいいー!変な笑い方ですねーw」と言われご立腹のpeco★...

リンクへの装飾画像


今日の一枚

今日の一枚

こんなげいじゅちゅ、ろぼっとにはかけないだろ〜へっへっへ(ぐちゃぐちゃぐちゃ)


「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも