夫婦喧嘩の末にルンバがウチに来た。子供のいる家庭でルンバは安全か?

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

夫婦喧嘩画像

 以前以下の記事で、「犬も食わぬ」ならぬ、「誰も読まぬ」であろう個人的な夫婦喧嘩の話を書きました。

「ブラック妻」と私。離婚の危機をスタバで乗り越えて
離婚がよぎるほどズボラな妻に悩む夫がまたも大喧嘩。からのフラペチーノを飲んで仲直りした赤裸々話。

 この中でチラっと終戦のために「ルンバ条約」を結んだ話をしました。

ルンバ条約
 2017年3月27日「peco★papa国」で起きた内部紛争を終戦させるため結ばれた条約。
 家事の頻度を巡り、長年争った「几帳面教」と「ズボラ教」が、これ以上無用な血を流さないために、国で「ルンバ」を所持することを約束した。

 テストに出るんで覚えておいてください。

 ところで、私実は元電気屋の販売員やってたこともあるんですが、ロボット掃除機っていつの間にあんな種類でたの…w

 なんか三角っぽい形のもいれば、四角いのもいるし、でかいのから小さいのまでいるしw

 ダイソンのもあるやん!w

「しかも肝心のルンバはいないやん」

 そう、ヤマダ電機には取り扱いがないのです。
(大量入荷と安売りって下品な売り方がメーカーの逆鱗に触れたのだとか?噂)

 単に「値段はいくらかなぁ?」「カタログスペックは?」と電気屋に足を運んで、頭をかかえる羽目になりました。

 資本主義・自由競争社会での数年は、浦島太郎現象を引き起こすには十分すぎます。

スポンサーリンク
レクラングル大

どう決める!?数あるロボット掃除機に決めきれない。

ロボット掃除機

photo by 価格ドットコム

 ところがネット時代って本当便利です。

 検索すると、出るわ出るわ「ロボット掃除機比較記事」

 ダイソンとルンバ両方使って比較しているとか、もう個人のやることじゃないでしょw
 ブロガーの力量や影響力はすごいんだなと感じさせられます。

ダイソン360eye VS ルンバ980!最新ロボット掃除機2製品を比較してみたぞ!

 ロボット博士に直接比較してもらっている記事なんかもありますw

この冬、ロボット掃除機を買うならルンバVSダイソンどっち?~ロボット工学の第一人者、古田貴之さんに聞く

 ふつーに昔からある王道ガジェットレビューみたいのはこちらかな?

ダイソン対ルンバ:ロボット掃除機の覇者は?

 まぁ、ざっとこの10倍くらい記事を見に見まくって、更には本屋で家電レビュー雑誌を読み漁りました。

 いつも申してますが、「石橋を3度叩いて引き返す」「人を見たら泥棒と決めつけろ」と、慎重で疑ぐり深い、心に闇を抱えた私は、モノを買う時も、わずかな情報で安易に信じたりしません。

 どこまでも情報を収集して、納得したら買うけど、納得しなかったら買いません。

 特に元電気屋の身分として、電気屋のスタッフは信用しません(今売りたいメーカーに誘導するから)w
 メーカーの応援要員はなおさらですw(たまに公平な人もいるけどね。けど公平に話しているように見せかけて、徐々に自社製品に誘導する姿勢が見えたら、一気に冷めるw

 とにかく各社ロボット掃除機のメリット・デメリットや価格や機能差や消耗品のランニングコストや電気代や故障頻度や調べに調べまくったわけです。

 その情報をここでまとめれば、皆様のお役に立つのかもしれませんが無理ですw

 気が遠くなります。

 そのために一部参考に、上記に他者さんの記事をリンクしてますので、そっちで見てくださいw

(その代わりと言ってはなんですが、小さい子がいる家にロボット掃除機は安全か?はあまり記事として見かけないので後半で書きます。参考にしてください。) 

決めきれずルンバをレンタルした。

 色々なレビューサイトを見て、雑誌を見て、やっぱり「ルンバ」でした。

 さっき色々な差をまとめるの面倒くさいと言いましたが、そもそも情報収集すらめんどくさい人は、黙ってルンバ買っていいと思います。

 こんなこと言っておいてなんですが、実は私は数ある「雑誌」や「レビュー記事」が「ルンバ推し」だったことだけではまだ信じきるには足らず(どんなけだよw)、電気屋で「レンタル」してみることにしました。

 それで「感動」したら買おうと。

 結局他者が悲喜こもごも書いたことより、自分の「感情」だろうと。

 で、

ルンバデモ機画像

 こいつがきました。

 元はといえば夫婦喧嘩から始まり、ついに我が家に姿を表したルンバ。

 ちなみに、現行の800シリーズと同等の機能とのこと。

 800シリーズ?

 って人のために、ルンバ公式の製品比較ページ貼っときます(まとめるの面倒くさいw)

 ルンバ製品比較

 ちょっとだけ完結にポイントだけ述べると、

900シリーズ
・目が(カメラ)ついてる。
・だから自分の位置がわかる。
・効率よく隅々まで掃除するよ!
※動きも一休さんがお寺を雑巾掛けする時みたいに、規則正しく動くことがわかる。(通った道とまだ通ってない場所がわかるから)
800シリーズ
・目はない。盲目。
・故に、壁にぶつかっては跳ね返りながら部屋全体を掃除。
・効率悪い。時間かかる。何度も同じ場所通る。
・バッテリーが勿体無くて嫌い。
※動きは四角い狭い部屋でサッカーボール蹴飛ばしたようなイメージ。無差別に跳ね返りながら動く。
600シリーズ
・吸引力・バッテリー・効率などすべての性能が上記に比べ下。
・ゆえに一番安い!
・けど「どうせ買うなら」選択肢から除外。

 以上、性能を調べまくった人とは思えないザックリレビューでしたw

レンタルルンバの活躍ぶり

 結論から言うと、最高。
(比較対象が「妻」だからかもしれないけどw)

 レビューで誰かが書いてた「取り残しもあるから結局自分で掃除する」なんてこともないし。

 ルンバが掃除したあと、ライトで照らしながら隈なく見たので間違いないですw

 もちろん「0」ではないですよ。

 あくまで、「自分で掃除し直す」は大げさだということです。

 意地悪な小姑か!という話ですw

 あとよくレビューで見かけて気になっていたのが、

・毛の長いラグや絨毯は登れない。
・濃い色のラグや絨毯は「穴」と認識して通らない。

 この2つ。

 これ残念ながら両方該当するんですw
 もし通らなかったらラグだけだしコロコロしようと思っていました。

ちなみにこんな感じ

ラグ画像

深〜〜いグリーンですね。

ラグ画像

毛の高さはざっと2cmはあります。

けどレンタルンバはここを

ルンバ画像

 するり乗り越えて行きましたw
 さすが元・戦地で地雷を探す技術!w
(注:もっと長い毛だと、引っかかるというレビューもあります。)

 このままレンタルンバに「してやったり顔」されてても面白くないし、まだルンバの性能を信じきってなかった私は、別なトラップもしかけました。

↓こんなの!

コード画像

普段壁沿いにある配線をわざわざルンバ用トラップとして引っ張り出しましたw

「しかも真ん中に結び目つき!」

これは無理やろ?

ルンバ画像

「なんと・・・・」

「すごいやんルンバ。」

と、思いかけましたが、持ち前の疑ぐり深さは簡単に屈しません。

「こんな所は進めんやろ!」

ドンッッッ!!!!

コード画像

ごちゃごちゃコード地獄。

①ルンバ地獄へ突入。

ルンバと電源コード画像

②苦しむルンバ

ルンバと電源コード画像

③あれ?いけちゃうの!?

ルンバと電源コード画像

④突破!

ルンバと電源コード

「すげぇ。。。。」

 ちょっと脱帽しました。
(注:コードも「巻き込む」とレビューする人もいます。あくまで我が家ではすり抜けていました。)

けど↓こういうのは無理みたい

薄いひも画像

 ぺらぺらしたヒモ!
 どこまで意地悪しているんだって言われそうですけど、このヒモにかかれば

ルンバヒモに絡まる

この通りw

やっと私の勝ちです!(なんの戦いだw)

 ところで、画像よく見ると、2つのローラーがあって、あそこでゴミを本体内に吸い込んでいくのですが、ヒモは引っ張れば「するする〜」っと抜けてきました。

 一週間ルンバを使って、どれほどのゴミが取れたかと言うと、

ルンバのダストボックスゴミ要領

 こんな感じ。

 ちなみに、1週間使って6日目で「ダストボックス一杯」マークがつきました。
 まぁうちは掃除頻度的に「ひどい」ので、普通はもう少し持つでしょうw

 そして、ここにこれだけのゴミが詰まっているということは、部屋にはほとんど「ホコリ」や「髪の毛」を見ることがなくなったということです。

「労力なしで」

 最高すぎるw

(参考までに我が家は2LDKです!)

子供がいる自宅でルンバを使う危険性は?

子猫とルンバ画像

photo by All about

 さて。別にルンバ社の回し者ではないので、いい話ばかりはしません。

 ここからは、一親として「リスク」の話を少しします。

 小さい子供がいても安全に使えるのか?

 我が家は4歳の長女と3ヶ月の長男がいるので、そこでの使用感をできるだけ詳しく書いていきます。

手足を食われる!?

 先ほど、2cmの厚みの「毛長ラグ」や「コンセントの束」をルンバが余裕で乗り越える話をしましたね。

 これつまり、小さい手足を床に置いといても同じなんですよ。

 実際子供の手で試してみまし…って冗談ですよw

 ここは親父として、私自身の手や足を生贄に捧げてみました。

 足は「足の甲」が高いので、ルンバ全面の「バンパー」が甲にガチんとぶつかり、跳ね返ってどっかいきます。壁にぶつかる感覚と一緒ですね。乗り上げてくるようなことにはなりません。(それでも結構痛い)

 ところが「手」は床に置いておくと、

「どっこいしょ〜〜!!!」と乗っかってきます。毛長ラグを乗り越えたり、コードを乗り越えた時の感覚と一緒です。

 これが痛いw

 血が出るほどじゃないけど、指に「さかむけ」みたいのできました。

 私の手でも乗り上がってくるんだから、ハイハイする赤ちゃんが勝手にスイッチ入れて…と考えると「ゾッ」とします。

 怪我はないかもしれませんが(保証はない)、間違いなく「痛い目」は見るでしょう。

おもちゃを食われる!?

 4歳の長女はシルバニアファミリーが好きです。

 この時点で持っている方や、察しの言い方はわかると思いますが、あの小さな小物は食われますw

 ルンバってアタックが強いので、テーブルの上にシルバニアグッズを非難させてても、当たった拍子に、物が転がり落ちたりするんですよ。あの小物ぐらいなら。(人形もバランス崩してずっこけますw)

 もちろんしっかりしたテーブルなら当たっても揺らがないから大丈夫だと思いますが!

 あと、これは副次効果ですけど、おかげで長女の「お片付け」がめっちゃ捗るようになりましたw

 今まで床に出しっぱなしにしてごちゃごちゃしていたシルバニアグッズですが、「ロボット掃除機に食われるよっ。」の忠告一つで「パパッ」と片付けますw

 この効果は、「片付けできない子」のしつけに悩んでいる親御さんには嬉しいかもw

火事になるかも!?

【注】これは決して、ルンバ単体で火を起こすような火事になるという意味ではありません。

 こちらが気をつけていなければ起こりうるリスクという意味です。

 特にお子さんがいる家庭でありがちな、こういう風景。

ストーブとルンバ画像

 次の日も保育園で雪遊びがあるので、急いで乾かさなきゃいけない手袋や靴がストーブの近くに。
 そして、長男のオムツからうんこ漏れ2連打で汚れた2枚のスゥエットが左のポールにかけられています。

 そしてそこに今まさにルンバが迫っていますが、この後…

・靴と靴カバーをストーブの目の前に押しやる。
・ストーブガードにかけてある手袋を、アタックでガードの向こう側へ落下させる。
・左上のポールにぶつかり、あわやポールごとスゥエット2枚がストーブの上へ倒れこむ。

 ちなみに、最上位の900シリーズはスマホから動かしたり、予約した時間に勝手に掃除を始めるようにできるんですね。

 この時、うっかりして「ストーブの近くにものをおいてた」場合、超危険です。

 あたなが知らないうちに子供が脱ぎ捨てたシャツやズボンとかね。

 今のところ、ルンバの火災事故なんて聞いたことないし、皆さん気をつけてらっしゃるのでしょうが、子供がいる家庭って「子供が知らぬ間」に何するかわからないので、必ず

「安全目視確認」→「スイッチ起動」がいいんじゃないかと思います。

 一人暮らしとかなら、予約機能は便利なんで間違いなく使いますけどねー。。

トラッキング現象が怖い!?

 これも火事関連で、かつ滅多にないとは思いますが、さっき「電源コード」の上もゴリゴリ進んで行く逞しいルンバの姿を紹介しましたよね?

 これ、そのあと電源の根元部分みると、案の定引っ張られて「多少抜けかかっている」んです。

 これ放置すると、ホコリかぶって乾燥した日に発火しかねません。(それをトラッキング現象という)

 もしくは電源根元から引っこ抜いちゃって、予約してた番組が録画されなかった〜!?とかねw

 様々なレビューでも見ますが、やはりコード類は「上でまとめる」「隠す」手段がリスク的にもいいかと思います。

 バリアフリーならぬルンバフリーなのがベストですね!(乗り越えられたとしても)

子供vsルンバ

 うちの4歳の娘でも持ち上げられるくらいルンバは軽いです。

 軽いというと語弊がありますが、少なくとも4歳女子が持てるレベルです。

 子供は好奇心旺盛ですから、うちでも早速娘がルンバを持ち上げたり、ひっくり返たりして観察し始めます。

「おいおい、クワガタとかじゃないんだから…」

 と思うくらい子供はルンバに興味津々になります。
 フォルムが愛らしいからでしょう。

 たぶんこれ男の子も好きなフォルムだと思うんですよね。

 うちは長男がまだ3ヶ月だけど、これが長女と同じ4歳になったら、持ち上げたり、ひっくり返して観察するだけじゃ済まない気がしてます…w

 ぶん投げたり、強くひっくり返したり、乗っかったりしそうで怖いw

 「ご飯だよ〜♪」とか言って悪気なく「おはじき」食わせたり…w

 歩き始めの1歳児とかも逆に怖いですよね見境ないから。

 段差に登る感覚で乗っかってきたりしたら壊れるのではないでしょうか…。

 ちなみに、家電量販店で聞いたら、当たり前だけど

「破損は保証対象外」だそう。。

 ただし、「破損痕」がなければ、内部故障と捉えられる場合もあるとかないとか。

 つまり目立ってかけたり割れたり傷ついたりしてなければね!

 まぁその前に子供には触れないよう「注意」しとくのが本当は一番なんですよね!

(それでいじらなくなるなら苦労はないんですけどw)

 ってかこれは強い要望ですが、チャイルドロック機能つけてください!!!
 日本の電化製品はだいたいついてますよ。

 お願いしますアイロボットさん。。

まとめ

たくさんのルンバ画像

photo by pr times

 さぁ。長くなってきたのでこの辺で短めにまとめますよ。

「ルンバ最高!!」

けど、「小さいお子さんがいる家庭では少しの注意を」

 正直最後の「リスク」の面は、自分たちが気をつければなんとでもなります。(子供がいる時間帯はルンバは収納。全員外出時にONとか。900シリーズなら、出先でスマホから動かせます。)

 さて。今回ルンバを買ったかのごとく我が物顔でレビューしてますが、忘れちゃいけない、これは「レンタルしたデモ機」ですw

 まだ買ってませんからねw

 以上。ルンバをレンタルしてみた感想でした!


<関連記事>

 安い買い物ではないので、ランニングコストなども含め「費用対効果」も真剣に考えました。以下の記事でまとめてますので、興味のあるかたは見てみてくださいね!

ルンバは高い贅沢品と思ってたが「たった26円」で掃除から解放してくれた話
「26円で貴方の代わりに掃除します。そうルンバならね。」ルンバは本当に高い買い物なのか考えました。

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも