【習い事】歌や楽器など「音楽教育」が子供にもたらす効果の“ウソ・本当”

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

音楽教育

こんにちは、クラシック音楽を聴いても眠たくしかならないぺこぱぱです!w

みなさんは胎教にいいからと言ってモーツァルトなどのクラシック音楽を胎児に聴かせたくちですか?IQが高くなると聞いて、赤ちゃんに聞かせたり。

もしくは、音楽家は論理力、数学力、読解力、語彙力、運動能力、空間能力、作業記憶などの能力で優れていることがわかっているから、我が子にも幼少期から音楽を習ってもらいたいなんて考えていますか?

でもそれらの効能・効果については、一度「熟考」する必要がありそうです。そんなわけで今日はここで一歩立ち止まって考えていってもらえればと思います!

ロダ男
まさか音楽教育には意味がないと?そんな発言したら今後夜道に気をつけなきゃならないぞw
ぺこぱぱ
音楽家ってそんな怖いの?w
ロダ男
背後から刺されることはないかもしれないけど、DSはバキバキに折られるかもよ。
ぺこぱぱ
高嶋ちさ子じゃねーかw大丈夫だよ。最終的に音楽に意味がないって話ではないから。ただ誤解が多いのも事実…以下からひとつひとつ見ていこう!
スポンサーリンク
レクラングル大

モーツァルトを聞くとIQが高くなるの真実。

モーツァルト IQ

そんなわけで、まず一番有名な誤解からお話します。それは「モーツァルトでIQが伸びる」ですね。これ半分事実で半分ウソみたいなもんなんですw
以下から紹介していきましょう。

モーツァルトのIQ効果はわずか30分!?

モーツァルト IQ

実は「モーツァルトでIQが向上した」というのは確かに実験結果として事実のようなんです。(ちなみに、ショパンやベートーヴェンは効果なし。バッハはわずかに効果あり。)

問題はその中身。というのも、その効果は30分でなくなるそうなんですw

このアメリカで一番有名な「モーツァルトIQ向上実験」を実施したのは「カルフォルニア大学のライシャー博士」です。90年代の話です。

ライシャー博士の論文には、ちゃんと「30〜60分効果があった。一生続くものではない。」と書いてあったのに、カルフォルニア州は妊婦さん全員にモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」入りのCDを配布する施策を実施してしまった。

これが、現代にも脈々と受け継がれる「誤解」の始まりです。

しかも、その研究はたった36人の大学生に、たった一度きり行って、たった1.5ポイントIQが上がっただけの調査だったんです。

まとめますと、

「偶然上がっただけ」とでも言えてしまう研究結果が、キャッチーな部分だけ(モーツァルトでIQ上がるよ)切り取られて一人歩きしだし、教育熱心な親が子供にクラシックを聞かす文化として定着していった。

「とんでも科学」ですねw情報リテラシー大事です。

「音楽家は頭が良い!」では「音楽を習うと頭がよくなる」のか?

音楽 IQ

続いては「音楽家」はそうでない人に比べ、論理力、数学力、読解力、語彙力、運動能力、空間能力、作業記憶などで優れた能力を持っていたという話。

これは事実です。音楽家は実際に上記の能力が高いそう。

ただし、「小さいころから受ける音楽教育」が「能力を開発した」と証明できた研究結果は存在しません。

研究結果はないのに、どうして「音楽を習わせることは子供の能力を伸ばす!」がまかり通っているのでしょう?そこには、統計学のマジックが隠されています。

統計マジックについて2つ例を紹介します。

地球温暖化が進むと海賊が減少する!とんでも統計学。

とんでも統計学

例えば統計学の中室牧子先生がよく使う例で、

・地球温暖化が進むと、海賊の数が減る。

という研究結果があります。

これは、調査データをみると確かに間違ってはいない。地球温暖化も進んでいるし、海賊も減っている。けど、両者の間に「原因と結果」の関係はなりたちそうかと考えると、誰でも「NO!!」と言うでしょうw

海賊はあっついから海に出るのを止めたんじゃないです。もうそんなことできる時代じゃないから廃業しただけですw

「天パはIQが低い!」統計マジックから起こる誤解。

とんでも統計学

他にも、「天パはIQが低い」って話を知っているでしょうか?

くるくる天パの私としては見逃せない研究ですw

これもデータだけ見ると、確かに直毛よりも天パのほうがIQが低いことが事実数値で示されているんです。

じゃあ、天パは頭が悪くなる「原因と結果」となるのか?と言われれば、これにもからくりがあります。

教育制度の進んでいない国(アフリカとか)の民族で「直毛がいない(みんな天パ)」ため、その点数も平均に加わって「天パのIQポイント」が相対的に下がってしまうんですね。

音楽の習い事は「子供の音楽以外のスキル向上」の原因なのか?

音楽 習い事

では「音楽家は頭が良い」は確かに統計上の事実だけど、はっきりと「原因(音楽)と結果(能力up)」と言えるのか?

ここまでの話を加味して考えれば、それだけの要因で頭が良くなったわけではない、統計マジックが働いているとも考えられます。

そもそも幼少期から音楽の習い事を音楽家になるまでさせてあげられる家庭なんて、一般的な家庭に比べて何においても余裕のある家庭です。

年収も違うだろうし(高いレッスン料払える)、音楽以外で経験してきた社交経験なんかも違うし、通っていた学校だって違うし、付き合う友達友達いい所のお坊ちゃんお嬢さんなわけですw

バイオリンとかチェロのレッスンが受けられる教室が近くにある地域ってどんな地域に住んでるの?とか。私の住んでいる田舎にはそんな教室ないし、お受験で入るような私立の小学校すら存在しませんw

そんな生涯を歩んできた人(音楽家)の脳と、一般人の脳を比較して、能力に差があるのは当然。それはもはや「音楽を習ってきた」って事実だけで語れる話じゃないわけです。(事実、年収とIQが比例するという研究結果もある)

その他の要因が多すぎて「音楽の効能で能力が向上している」って研究・証明が難しいわけです。むしろ、音楽以外の要因のがでかい可能性もある。

まとめると、

「音楽家は能力が高かった」のは事実。しかし「音楽が能力を高めたのか?」はいまだ不明。しかし現状は「音楽は能力開発に良い!」と、キャッチフレーズだけが一人歩きしている。

ということですね!

もしかすると、「天パとIQ」「海賊と温暖化」のように、別な要因がもたらした結果かもしれないのに、統計データだけ見れば、確かに「音楽が能力を高めた」ように見える。

これが統計マジックというわけです。

「音楽の習い事」が子供の能力開発に効果ないなら「音楽に意味はない」のか?

音楽教育

ここまで読み進めてきた人は、

・音楽は社会的能力を向上させる
・音楽は記憶力を向上させる
・音楽はコミュニケーション能力を向上させる
・音楽は頭を良くする(成績向上)

などなどの世間一般で語られる効果に対して、

Aさん
効果がわからないんじゃあやしいわ。やめましょう。ふん。

と思われるかもしれません。

けど効果が立証されていないだけで、「効果がない」「無駄」と決まったわけでもないので、情報の受け取り方には気をつけてください。

けどそもそもですけど、社会的能力(おもいやり)を育てたいなら、ピアノ弾いているより公園で異年齢間で遊ばせた方がいいし、成績よくしたいならチェロ引くより塾通わせたらいいし、コミュニケーション能力高めたいなら、色んな世代の人たちの集まる場所へ連れていったらいいんですよね。

なにも、それらを「音楽で開発」する意味はないと思います(むしろ遠回りなアプローチな気すらする)。つまり、効果の是非がわからないことでスキルアップ目指すより、ダイレクトに効果ありそうな方法やったほうが早くないですか?ってことです(コミュ力なら人と話せばいいとかw)。

音楽自体の効能は、「音楽から回り道して成績UPへアプローチ!」なんてことではなく、もっと別なことにあると思います。最後にそのお話をします!

「音楽の効果」として本当に大切なものは何か?

音楽の効果

よく語られる言葉で「言語を持たない種族はいるが、音楽を持たない種族はいない。」って言葉があるように、「音楽と人類」はセットと言っても過言ではありません。つまり必要なものなんです。

日々の生活から「メロディー」が消えて、本当の生活音だけだったら?と考えてみるとわかりますよねwなんとも殺風景な世の中になるでしょう。

つまり、音楽は「人生を彩るためにある」んですね。

「カラー」と一緒です。音楽同様、世界から色が消え、白黒だったらどうですか?これまた殺風景w「色がある」ことは、世界を彩ってくれます。

音楽講師のキャスリン・B・ハルは「なぜ音楽を教えるのか?」という論文で、音楽を教える理由を

・音楽を専攻してほしいからではない
・音楽を奏でたり歌ったりしてほしいからではない
・リラックスして楽しんでもらいたいだけではない

と、語っています。

キャスリンが音楽を教える理由は、

①あなたが人間らしく生きられるため
②あなたの美意識を育むため
③あなたが繊細になるため
④あなたが豊かに生きる技を得られるため
⑤多くの愛、共感、優しさ、つまるところ「幸福な人生」を得られるため

以上の5つであると語っています。

「成績がよくなる」「記憶力がうんぬん」「IQうんぬん」より、キャスリンが語る5つの理由のほうが、よっぽど「音楽の重要な効能」を語っている気がしますね!

今日の考えた

まとめ

チェック モーツァルトを聞くとIQが高くなる。
チェック 音楽を習うと色々なスキルUPにつながる。
チェック それらは統計的な誤解や、証明されていない事実が含まれている。
チェック 音楽を習う事で得られる効能はもっと他にある。
チェック それは「音楽は人生を彩ってくれる」ということ。
ロダ男
音楽聴いたり習っても頭良くなるかは不明…か。
ぺこぱぱ
まぁねぇ…記事中でも話したけど頭良くしたいなら塾通えばいいじゃんねw
ロダ男
確かにw頭よくするって効果のために音楽やるとか、遠回しな気もするね。
ぺこぱぱ
楽してなにか結果が得られる系の話って好きだからな人間。そして大概意味はないw
ロダ男
聞くだけで英会話が習得できるってのは本当なのかね?
ぺこぱぱ
それは知りませんw

そんなわけで、今回は「モーツァルトとIQ問題」から「習い事としての音楽の効能ってどうなの?」って話までしてきました。

個人的には「音楽レッスンの効能」は「誇大広告」かな〜?と思っているタイプですが、みなさんはいかがでしょうか?中にはピアノだけは本当に効果があるなんて話もありますけど、それもいずれ記事で書いてみたいところです。

以上!「音楽教育のウソ・本当」でした!

今日の一枚

音楽早期教育

子供って音や歌が大好き。五ヶ月長男もピアノでご満悦!


リンク

★音楽も人生を豊かにしますが、子供には歌も大事!

赤ちゃんはなんで『ママの歌』が大好き?〜赤ちゃん言葉と音楽の共通点〜

★ガチで音楽家目指すなら、遺伝の影響が90%はあります…w

子供の学力や才能は遺伝?行動遺伝学であきらかに。

★「頭がいい子」よりも「努力できる子」が求められる時代。

【2020年】学習指導要領でもIQより重要視される「非認知能力」とは?

子供の将来にIQより重要とされる「2つのスキル」

【成長思考】失敗してもチャレンジし「努力できる子供」と「挫折し諦める子供」

「努力できる子」になるために親が教えられる『たった1つ』のこと

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも