ご褒美は買い与え方次第で子供の成長の強い味方に!〜我が家のオモチャの買い方〜

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

子供 ご褒美

こんにちは!30歳になってレゴブロックを触ってみて、初めてその面白さに気づいたぺこぱぱです。そして、「これは確かに想像力・発想力・企画力・計画能力・空間認識などなどなど、色々鍛えられるな〜」と身を持って実感。子供の時やりたかったですw

ロダ男
レゴは東大生の7割が遊んでいたオモチャとしても有名だけど、本当に頭にいいんだ?
ぺこぱぱ
まぁ頭にいい事って別にレゴだけじゃないから、レゴ=東大って因果関係にはまずならないけど、確かに地頭は鍛えられるんじゃないかって思った。
ロダ男
長年愛されているオモチャってのは伊達じゃないな。それよりオモチャと言えば今日は前回の記事の続きだろ!
ぺこぱぱ
そう!この記事の続き!買って買っての癇癪がなぜ起こるか、どう解決するかの記事だったね。
ロダ男
その記事の最後にぺこぱぱの子供は誕生日にしかオモチャもらえないの?って話になって、そうじゃない与え方しているって言ってたね。
ぺこぱぱ
そうだね。今日は子供にどうオモチャを買い与えていくかの話をしよう!

そんなわけで、みなさんも一度は悩んだ事あるであろう、子供へのオモチャの買い与え方。

・買い与えすぎているんじゃないかな…?
・最近「買って!」って言い出したら癇癪起こして頑固で大変。
・どうせ買うならもっと効果的な買い方ってないのかな?
・ご褒美としてオモチャをあげるのは悪い事なのかな?

そんなお悩みへのアンサー記事です!ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクラングル大

欲しいオモチャを見つけると泣いて癇癪起こす!ついつい買い与えてしまう。

子供 癇癪

子供
ねぇーこのオモチャ欲しい欲しい〜。ねぇ買ってぇ!うわぁぁぁぁ!
ママ
あ〜もう仕方ないわね。今回特別ね。もうないからね。

こんなシュチュエーションはよくありますよね。

・安めのものだったからいいか。
・今回だけはって釘さしたから大丈夫だろう。
・あそこまで泣くんだから相当欲しかったんだ。
・あのままだったら周囲の目が気になって仕方ない。
・時間なかったから説得より買うほうが早かった。

などなど、「根負け」した理由は様々でしょう。

けど、子供は一度通じた手というのをよく覚えています。また、「ある行動」によって「ある好ましい結果」が得られるパターンというのは、今後の行動の出現パターンとして強化されます。

簡単に言えば、「2度ある事は100度ある」になりかねないってことですw

その事を前回は行動分析学で用いられる「行動随伴性」や「好子・嫌子」の考え方を用いて説明しました。

①直前条件欲しいものを見つける

②行動みんなは買ってもらっているのに私だけ…涙

③直後条件買ってもらえた!(好子)

もう一度簡単に説明すると、「オモチャを買ってもらえた」という事実が「好子」で、その前に起こした行動が「学校のみんなは持ってて私だけ持ってない」という泣き脅しの常套句だったとします。

その行動は「好子(おもちゃGET)」を引き起こしましたので、以後その直前行動は強化されます。つまり「ポジティブな結果」を得るために有効な行動としてインプットされるんですね〜。

ここまでは前回の記事の復習です。より詳しくはこちらをごらんください!

激しい我儘でオモチャを買うくらいなら、ご褒美として買う方がマシ。

子供 ご褒美

さて、前回は上記の知識を踏まえ、我が家では一貫した対応しかしていないというお話しでした。それが以下。

①直前条件欲しいものが目に入る。
②行動
・親にせがんでくる。
泣いて喚いて見る。
・床に転がって駄々をこねる。
・小一時間拗ねて親の対応を変えようとする。
・オモチャ前から断固動かない。
③直後条件「誕生日にね」と言うだけ。

どの行動だろうが、直後に発生する結果は「誕生日ね〜」と受け答えるだけですwこれに対してある疑問が浮かびますよね。

ロダ男
本当に誕生日以外に何も買わないって流石にできなくない!?ってか可哀想!

そこで、

ぺこぱぱ
そんなことないよ!ちゃんと買う時はあるよ!

って話をしました。では、どうやって買い与えるのか?それは、図の「行動」の部分が”別な良い内容”であればいいんです!わかりづらいと思うので以下の図をみてください。

①直前条件欲しいものみつける。
(親はその時じゃなく、後でこっそり入手しておく)
②行動:子供がこれまで出来なかった何かを達成!
(親も子も双方手放しで喜べる状況)
③直後条件こっそり入手しといた「欲しかったオモチャ」を登場させる!

わかりますでしょうか?

どうせ買い与えるなら、泣いてぐずって癇癪起こして床をジタバタ這い回ったり、買わないなら怒るといった好戦的な態度の後に買い与えるのではなく、親も子も喜べるほどの達成の末に買い与えたほうがマシだという考え方です。

「オモチャが手にはいる」という好子は、その直前の行動を強化するのは確かです。泣いてぐずって手に入ったなら、次も泣いて愚図る行動が強化されるわけです。

なら、「褒められるべき行動や、喜ばしい行動や、何かの達成のあと」に好子が出現すれば、その行動が強化されるって話ですね!

親御さん
そのたびにオモチャ与えていたらキリがない!散財よ!

そんな声も聞こえてきそうですが、そこはもちろんレベル調整してください!以下に少し例を示します!我が家の例も紹介します。

ご褒美シールは子供の行動を変えるのに有効?

ご褒美シール

例えばですけど、よくあるのが「シール」ですよね。オモチャを買い与えるほどでもないことには、子供が好きなキャラクターや、女の子なら可愛らしいキラキラシールを与えればいいわけです。

そして、そのシールを20枚貯められるシートを用意し、「これがいっぱいなったらいい事あるよ!」と思わせぶりに言っておいて、溜まったらオモチャを与えれば良いんですね。

いちいち良い行動に「はいオモチャ!」ってやってたらキリがないですが、シールなら「与えるレベル」も「スパン」を調整できます。好きなキャラのシールも大概見つかりますし!以下はアナ雪のご褒美シールです!

そして例えば、手洗いウガイ大嫌いな子が、一回手洗いウガイしたからってオモチャあげてたらキリがないですよね。だから、まずは洗面台にひっぱってって、それで出来たなら「シール一枚」でいいんです。
そして、5枚溜まったら「トミカ一台」でもあげましょう。500円以下で買えますよね?女の子ならシルバニアの家具とかでも。

そしたら次からは、引っ張っていって手洗いしてもシールはあげません。次からは一人で行ったらシールです。そしてまた5枚ためたら何かもらえます。

慣れてきたら、シールの溜まる量を10枚にすればいいです。

これが、レベルとスパンを調整するということ。要するにスモールステップの原理です。階段を一段づつ上がるのをサポートする感じですね!

【オモチャの与え方】我が家の例〜ここたまのハッピースターを使って〜

子供 ご褒美

我が家では、長女が大好きなアニメ「ひみつのここたま」になぞらえて、褒めるべき行動や何かを達成した際には「ハッピースター」をあげています(ただの星のシールですが)w

ハッピースターとは、ここたま達が人間を助けたり幸せにすると貯まるお星様なのですが、そのまま人間の子供に応用可能ですwなんて素晴らしいシステム!

ご褒美シール 手作り

我が家のハッピースターシート

上記の図でわかるように、貯まれば良い事があります!長女がハッピースターをGETできるのは、例えば以下のようなこと。

・集中してご飯食べられた。
・元気な声で挨拶できた。
・遊びや運動の中でこれまでできなかったことを達成した。
・テレビ視聴時間30分で愚図らずスパッと見終えた。

などなど!逆に言えば、本当は全部長女の苦手なことです。ご飯は究極に遅い(一時間前後)し、挨拶は恥ずかしがってまぁ〜しないし、テレビを終えるときは大抵愚図愚図言いますw

けど、それらが「望ましい形」になった時にハッピースターがもらえることで、叱ることは減りました(百発百中はできないが)。

ここたまはアニメの中で「神様」という設定ですが、本当にここたま様々ですwちなみに、ここたまが良コンテツである件は以下の記事でも語っていますw

おもちゃも適切に与えられて(人間版ハッピースターで)、ものを大事にする心も学べるって良コンテツすぎるのです!

ご褒美で子供をしつけることが出来るか?

ご褒美 子供

ちなみに、好子の前の行動を変えればいくらでも応用できます。トイトレから毎日の勉強まで、しつけでも活躍することでしょう!以下から例をいくつかみていきます。

例えば、押せども引けども「人前に出る」ってことが苦手な子。

①直前条件人前に出るとなると嫌がる。
②行動:けど頑張って出てみた。
③直後条件欲しかったオモチャGET!

もちろん、「どの程度の人前か」って条件も、まずは少数からとかステップを踏んであげます。それに合わせて与えるオモチャのレベルもステップアップすればよいですね!いきなりオモチャじゃなくても、先ほどの「シール集め」を挟んでもいいわけです。

トイトレなんかでも使えます。

①直前条件トイレに行くのをどうしても嫌がる
②行動:頑張ってトイレに一応入ってくれた。
③直後条件好きなキャラクターの絵本(新しいやつとか)読んでもらえる。

かならずその本はトイレでしか読んでもらえない&新しい本でしかも好きなキャラのもの。これでとりあえずトイレにくる動機はOK。さらに、トイレで(最初は)たまたまおしっこ出た!ってなったら、

①直前条件おやつ欲しい(子供はいつでもw)
②行動:トイレでおしっこでた!
③直後条件食べた事ない特別なお菓子GET!

おしっこのたびにあげていたら糖尿になっちゃうので、ボーロのような小さなお菓子一個でいいんです。
※ちなみにご褒美+ある方法で、我が家は2歳の時に3日間でトイトレ完了し、オムツ卒業できました!叱る事も一切なくトイトレ完了できます。

ご褒美で勉強させたい場合なんかも使えますよね!むしろ、なんの褒美もなく勉強できる子のほうが少数だと私は思っていますw
①直前条件お小遣いが欲しい。
②行動
・勉強を頑張っている。
(宿題をきちんと終わらせた。)
③直後条件200円GET!

1週間毎日宿題があれば、お小遣い欲しさに毎日きちんと宿題をやる。一週間で1000円。月で4000円たまりますか。まぁこれは小学生とか中学生になってからの話です!

ご褒美で釣られて育つとダメな子供になるのか?

ダメな子供

さて、ここまで散々「オモチャ(ご褒美)」を買うなら、「望ましい行動や結果」の後にしましょうという話をしてきましたが、反論があるのも事実でしょう。

親御さん
お金で釣って勉強させるなんて、勉強へ向かう動機として不純よ!
親御さん
ご褒美で良い行動に誘導するのは、ご褒美がなきゃやらない子を育てているのと一緒だろ!

そんな声が聞こえてきそうですが、その辺は以下の記事で詳しくやってますので、「お金」や「おもちゃ」などのご褒美が、悪い事かどうか一考してみてください!

その上で、「ご褒美で行動を促す事」は感情的に「好きor嫌い」が分かれるでしょうから、やるやらないは各家庭の方針です!

けど、私は自分自身の仕事を、給料なしのただの「奉仕活動」としても、同じレベルで続けられるかと言われればNOですwつまりどうせ大人になったら、報酬があっての「やるべき事」ですw

じゃあ給料がもらえるせいで、仕事の達成感や面白みがかき消されているかと言えば、そんなことないですよね?それはそれ、これはこれです。子供の「ご褒美と行動の関係性」も別にそれと変わらないんじゃないかと思います。

上記の記事でも詳しくは書いていますが、「ご褒美があったから」といって、子供自身の「内なる意欲」は萎れなかったと研究で証明されています。

この事実は、今回この記事で書いた、「オモチャ与えるなら、何か望ましい行動や達成のあとで」を後押しする事実でもあります。

今日の考えた

まとめ

チェック 好子が出現する直前の行動は強化される。
チェック つまりオモチャをGETする直前行動が「泣き喚く」なら、今後も泣き喚く行動が頻出。
チェック それなら好子出現前の行動を「望ましい行動」「何かの達成」にすればよい。
チェック 子供が起こした「良い行動」の直後に好子(ご褒美)が出現することで良い行動強化。
ロダ男
なるほどね〜。けど見方によっては、馬の鼻の前に人参ぶら下げて走らせているみたいって感じもするね?
ぺこぱぱ
子供を望ましい行動に導く手段にご褒美を使っているから、そういう意見もあるだろうね。
ロダ男
それはいいの?
ぺこぱぱ
でも「叱って行動を矯正する」のはいいの?馬の鼻に人参たらすより、ケツに鞭いれるほうが良い?w
ロダ男
あ、そっか。人参のがマシかw
ぺこぱぱ
人参も鞭もなくても、ちゃんとやる子もいるから、批判するのはそういうごく一部の聞き分け良い子の親じゃないかな。
ロダ男
けど多くの親は、褒めたり叱ったり、ご褒美で釣ったりしながら試行錯誤しているってことね。
ぺこぱぱ
そうそう!人参も鞭もいらんのが一番なんて言われなくてもわかってるってことw

そんなわけで、「褒める」「叱る」などに加え、「ご褒美」を与える話をしてきました(特に今回はおもちゃ)。あとは、それらのバランスは各家庭の裁量です。うちだって全部にオモチャで対応しているわけじゃありませんw叱る時もあれば、褒めるだけの時もあれば、最高の時はご褒美と褒めの時もあるってだけです。

しかもオモチャだって、「欲しいもの」をなんでも用意しておくわけじゃありません。必ず1000円前後のもので欲しいものを覚えておいて、適切なタイミングで出すってだけです。

2000円以上のものはそれこそ、「お誕生日にね。」で、終了です。泣こうが喚こうが買いません。例えば冒頭で私が30になって初めて遊んだレゴブロック。以下のようなやつは絶対誕生日でしょう?

けど、普段ちょっとしたご褒美に以下のようなやつならカバンからポッと出して渡しても構わないと思うんです。500円前後で買えるし!

なおかつ、オモチャ屋でこの程度のレベルのもので、「何を欲しているか」リサーチしておくんです。子供に「5000円のもの」と「500円のもの」の価値の違いはわからないので、小さかろうが飛び上がって喜ぶでしょう!

みなさんは「子供とオモチャ」についての対応、どのようにお考えですか?これって結構幅のある話(家庭によって様々)だと思うので、聞いてみたいものです(上手く行く方法は1つじゃないでしょうし)!

以上!我が家のオモチャの買い与え方についてのお話でした。

今日の一枚

ご褒美 しつけ

「子供の行動をご褒美で釣るなんてやっちゃいけない!」そんなあなたも、「良い子にしてたらサンタがきてくれる。」って教えたことはありますよね?

あれが「褒美で良い行動を感化させる」最たる例ですw

それをもっと日常で「小さく細かく」やるだけです。実際、サンタはスパンが長すぎて効果がない(直前の一時期のみ有効)と思う。むしろ「今だけ(12月付近)良い子にしてよーっと」という、悪しき行動につながるw

そう思わせるくらいなら、「いつであろうと自分の頑張りは適切に評価し褒められる。」と思わせた方が(いつでも褒美スタイルの方が)マシ。

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも