アンチ!結婚ネガティブキャンペーン!結婚生活は不満ばかりだけどそれだけじゃないよ

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

喧嘩する夫婦画像

 こんにちは!今日も朝から悲しいかな「結婚ネガティブキャンペーン」についての記事を書かなければなりませんwそれは昨日こちらの記事を見つけたから。

約3年間にわたって、「美しく働く女性の興味にレスポンス!」を掲げ、仕事を持つ女性に向けてコンテンツを配信してきました「BizLady」は、10月2日をもって、記事の更新を停止し、サービスを終了させていただくことになりました。 長きにわたってご愛読いただきましたユーザーの皆様、誠にありがとうございました。

 なんでも「結婚した方が幸せ」と言う妻が「26%」しかいないそう。

 でも、それを持ってして「結婚って幸せになれないんだな。」と考えるのが正しいのでしょうか?少なくともこういった類の記事はそういう印象を与えますよね?しかも日々たくさん配信されているためたちが悪い。(私はこういった記事の乱立を結婚ネガティブキャンペーンと読んでいますw)

 今回はそんな結婚ネガティブキャンペーンに物申します!

スポンサーリンク
レクラングル大

妻も「独身」羨ましいと呟いていた

女子会画像

 こちらの記事を書くにあたって、まず申し上げなければいけないことは、これうちの妻も同じこと言っていたんですよwしかも先週w(HOT!!

 我が家では最近始まった日本テレビのドラマ「母になる」を妻と一緒に見ているんです。

<関連記事>

シンギュラリティにおける次世代の家族の在り方について考える
未来の家族は血縁関係おかまいなしの自由選択性?ドラマ「母になる」作中の本タイトルから考える。

(↑“母になる”冒頭で主人公が出会うきっかけになった本のタイトルを奇襲して書いた記事です)

 このドラマの一話目で、沢尻エリカ演じる母親が子供を夫に預け同窓会に行くというエピソードがあります。

 その数日後「3歳の息子」が誘拐事件で失踪するんです。

 この時沢尻エリカがくしゃくしゃに泣きながら言うセリフがこちら。(セリフは脳内再生なので正しく記載してません。でも概略はわかると思います)

「私…同窓会で独身を楽しんでいる母親達がすごく羨ましく見えたの。輝いて見えたの。私は毎日育児や家事に追われて自分の時間なんてなくて…。結婚するのが早かったかなって..子供産むの早かったかなって..。もしかして子供いなくても私幸せになれてたんじゃないかって…。」

「私が…私がそんなこと思っちゃったからコウが拐われたのよ..。私がそんなことを思うから…コウ…コウに会いたいよぉぉ。。。」

 沢尻エリカの号泣しながらの迫真の演技に、夫婦とも号泣でしたw

 さて、一話目を見終えた後妻とドラマについて語っていると、

「あーわかるなぁ。独身が羨ましく見える気持ち」とw

 私としては「がーーーーーん」ですw

 だって「私や子供がいる生活が不満だ」って言われているのと同じですからね。

 けどそこは冷静に…冷静に考えて見ました。そしたら、

「あれ?俺も思うことあるなぁ…?」と。

隣の芝生はどうせ青い。

隣の芝生画像

 正直、自分もフリーで羽伸ばしてる独身男性見ると。

「うわぁめっちゃリア充やなぁ」とか思うことあるんですよね。なんか結婚しないでもっと遊べば遊べたんじゃない?みたいな。

<関連記事>

みんな「結婚は人生の墓場」って言うけど何故なのか。
世の中は「結婚生活ネガティブキャンペーン」横行している。何故こんなに結婚に悲観的になったのだろう?

 けど私の場合結構「現実主義」なところがあるんで、

「けど独身だったら独身だったで結婚や子供羨ましく思う瞬間あるやろ。」と考えちゃうわけです。無い物ねだりでしょどうせ..と。どうせ隣の芝生は青く見えるのです。そう見えないのは(他人と比較しないのは)ブッタくらいですw悟りの境地なわけです。

 自分にとってもっと幸せな選択があったなんて理想主義的に考えたり、独身の方が幸せというなんの根拠もないこと考えるくらいなら、今の生活をよりよくする方法を考えようと思うんです。「たらればダメ絶対!」

 けど、頭でそう理解していることと、実際に結婚生活に不満を抱かないかどうかは別の話なんですよね。「人間は非合理的」な生き物なんで。

 「独身ええなぁぁ」「今の生活不満やぁぁ」を拗らせると、「もっと充実したい!」エネルギーに支配され、そのエネルギーが誤った方向に放出されたもののひとつが、ファンモン加藤とかゲスの川谷絵音を始めとする「ゲス不倫」ですよね。最近だと自民党員の中川俊直議員とか、ハリウッドスターの渡辺謙なんかも話題になりました。

結婚や子育てに不満を抱くくらい誰にでもある。

夫婦喧嘩画像

 私も妻も「独身自由主義者」が羨ましく思うこともあるという話を上記でしてきましたが、話を冒頭の「結婚した方が幸せな妻は26%しかいない」の記事に戻しましょう。私は正直こういった記事があまり好きではありません。

 結婚生活って私の感覚でも9割が不満1割が幸せみたいなもんなんです。
 冒頭のアンケートでも「結婚したほうが幸せ妻」が20%台なわけですから、不満8割2割が幸せです。

 けどこれを持って未婚者が「あー!独身貴族万歳!結婚も出産もしないぞ!自由きままに生きるんだ!」と思わないで欲しいんです。

 9:1って普通に考えると9の方が大きいです。けど例えば「蟻が9匹」「象が1匹」でも9:1です。でも大分ニュアンスが変わりますよね?

蟻9匹のほうが象1匹より大きいと言えるのか?と。

結婚生活・育児の不満なんて大概ちっぽけなもの

蟻画像

 結婚・育児生活でいうと、この9匹の蟻「不満」です。
 結婚生活の不満って本当チマチマしたもんです。我が家で言ったら、もうちょっと掃除してほしいとか、料理のあとの片付けはやってくれよとか、洗濯物をハンガーにどっち向きに干すかなんかで口論になるわけです。価値観の違う二人が一緒にいるのでほぼ口論です。バファリンの半分は優しさでできているのなら、私達夫婦の半分は憎しみでできているのではないかと思うほどです←。

<関連記事>

「ブラック妻」と私。離婚の危機をスタバで乗り越えて
離婚がよぎるほどズボラな妻に悩む夫がまたも大喧嘩。からのフラペチーノを飲んで仲直りした赤裸々話。

 この9匹のチマチマした蟻(日常の不満)を凌駕するのが「子供の存在」です。

 先ほど、9:1を蟻9匹象1匹と捉えると大分ニュアンスが違うと多いましたが、蟻が日々のチマチマした不満だとしたら、それを凌駕するデカさを誇る象は「子供」でしょう。例え幸せと思える瞬間の方が「1」や「2」しかなくとも、その威力(デカさ)は絶大なんですね!

 だから不満:幸せが9:1(冒頭記事では8:2)だとしても、数字だけに惑わせれないでほしいと思うんです。

 その「1」の幸せは象のようにどデカイんです。「9」の不満は数の上では多いけど、くだらない些細なアリンコみたいなもんです。踏みつければ一瞬で消えますw消えない場合、その夫婦にとって「9」は蟻ではなく犬くらいになり、犬くらいからシロクマくらいになり、シロクマくらいからカバくらいになってるかもしれません。カバまでなったら、カバ9:ゾウ1では流石のゾウも勝てませんので、結婚生活の波状は避けられないかもしれません。そうなる前に夫婦でしっかり支え合える関係を築く必要がありますよね。不満の一つ一つがまだ「アリンコ」のうちに。

まとめ

手をつなぐ画像

 今世間では「結婚ネガティブキャンペーン」が溢れていて、TVなんかでも離婚した芸能人が結婚生活の不満を語ったり、一般人女性が夫の悪口を言うような番組が乱立しています。スマートニュースやグノシーの育児コラムも「いかに大変か」「夫への不満」で溢れています。それが冒頭で紹介した記事でした。

 不満が多い・とても大変。それ自体は事実なのですが、それ以上に素晴らしい満足感や充足感だってあることを忘れて欲しくない(そして以外と不満を凌駕する)という話が今回の記事でした(辛さばかりトピックされることがあまりに多いので)。

 そして、世の中の夫はスマートニュースやグノシーの育児コラム欄に、ポジティブなニュースが乱立するようまだまだ努力する必要があります。妻にネガティブな感情を持たせている要因は「夫」だけでもちろんないですが、大きな要因であるのは間違いないですから。

 偉そうな事言って、我が家の妻だって前述したように「不満」を感じているんですw育休一年とってそれなりに家事も育児もしているつもりなのに、それでもです!w
 だからこの記事は自分自信への戒めでもあります。

 これからもまだまだ日々精進していきます!

※結婚・出産・子育てが「幸せになれる方法だ」と安直なこと言っているわけではないのであしからず。多様なライフスタイルにケチつけたいのではなく、「結婚はネガティブなもの」との報道が乱立されていることに、ちょこっと反感を覚えているだけです。そう感じられている方々の考えを否定するつもりでもないことも、合わせてご理解ください。

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも