【育休9ヶ月の所感】超個人的な「男の育児休業」に対する思いを書いてみる。

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

男の育休

こんにちは!最近妻と、「マイホームか賃貸か議論」で連日寝不足のぺこぱぱですw

ぺこぱぱ
さて、いよいよ明日9月29日は「育児休業取得から9ヶ月」の節目だよ。残り3ヶ月!
ロダ男
9ヶ月も仕事休んでいたらさすがにニート感が板についてきたんじゃない?
ぺこぱぱ
ニートじゃねーよ!wせめて主夫感とかにしろ!
ロダ男
9ヶ月がっつり育児してみてどう?感想は。
ぺこぱぱ
今日はその話を書いていこう!

そんなわけで育児休業の経過報告も第3弾になります!

育児休業3ヶ月の時に書いた第1弾の記事では

・会社で初の男性育休取得者としてパタハラをうけたか?
・身近な人たちの反応が意外と冷ややかだった話。

などを書きました。

男の育児休業とって3ヶ月たったので「生活」や「周囲の反応」を晒すよ
12月29日に「長女」の41度のインフル高熱弾と、「妻」の予定外の破水弾を早朝の目覚めと同時にくらって早3ヶ月。 あの日から私は育児休...

育児休業6ヶ月で書いた第2弾記事では

・半年たってみて男の育休の必要性についてどう思うか。
・長いと思ってたけど充実した半年はあっという間だった。

などを中心に書いていきました。

【男の育休】6ヶ月経過の所感。「育児と仕事」どっちが大変?「男の育休」は必要?
こんにちは!ピーマンの肉詰め作ったけど、思ったより手間がかかり、火が中まで通ったかも不安で、「もう2度とつくるまい」と心にきめたぺこぱぱ...

そんなわけで育児休業9ヶ月目の今回は、もっと自分自身の「感想」「思い」にフォーカスして書きたいと思います!

ロダ男
それ誰か興味あるかなw
ぺこぱぱ
本当いちいち癇に障るなw
スポンサーリンク
レクラングル大

人生を豊かにしてくれるのは「仕事」か「子育て」か?

育児休業

では早速、好き勝手&超個人的話で書いていきましょう!w

9ヶ月ほぼ家にいて長女(4歳)と長男(9ヶ月)と多くの時間を過ごしてきて率直に思うところは、

ぺこぱぱ
やっぱ、仕事より育児楽しいわぁ〜。

ってこと。

楽しい=好きってことです。

好き=その時間は充実したものってことです。

時間が充実している=豊かな人生を生きれているってことです。

「家庭より仕事が楽しい」「キャリアアップが生きがい」という人は、逆に「仕事が人生を豊かにしてくれる」のでしょう。もしくはどっちも5:5で大事というバランス型の人もいるでしょう!

どうであれ、その人自身の人生なので「どのようなバランスで自分の人生を輝かせるか」は個人の自由なわけです。

【ブラック夫の功罪】仕事中心キャリア思考夫。育児疲れの妻。

男の育児休業

ただし考えなきゃいけないのは、結婚すると「自分だけの人生」じゃないんですね。「奥さんと共に歩むもの」になります。

だから「働きづめ」で、子育ての一番大変な時期を「妻に丸投げ」してワンオペ育児状態…そのせいで妻の人生は「豊かなものではなくなってしまっている」。
…なんてことがあってはいけないはずです。世に言う「ブラック夫」ですね(仕事:育児のバランスが限りなく10:0に近い人)。

病める時も健やかなる時も互いを愛することを誓ったんですよね?w

そして「愛する」ってことは「無償で相手のために尽力できる」ってことです。

子育ては傍目では「健やかなる時」にしか見えないという性質を持っています。が、実際は「病める時」だって多いのが現実です。
奥さんが育児で「病める時」になっているのに、まったく介入せず、自分のキャリアップの道だけに尽力している(それが生き甲斐&楽しい)。

それは奥さんのために尽力している(愛する)ことにならないかもしれません。

もちろん、

Aさん
私ひとりで頑張れるから、むしろお金稼いできて!

という家庭力においてハイスペックな奥さんなら問題ないですね!

けど、話を聞いたりデータを見たりする中では、世のお母さん方は疲れていて、共に人生を歩む夫に助けを求めています。

共働きが当たり前の一億総貧困時代に現れた「専業主夫」

専業主夫

さて、「子育てが楽しい」「子育てで豊かな人生を送れている」という話をしてきましたが、こういうことを人に話すと、

Aさん
主夫になったらいいじゃん!

なんて言われたりします。

無理です!w

奥さんがアパホテルの女敏腕社長とかで、まったく金稼ぐ必要がないならいいですけど、そうではないw

そもそも今なんで多くの人が共働きでやっているかっていうと、大多数はそうしないと金銭的に厳しいからですよね。

それこそひと昔前は男性の給料だけでなんとでもなって、女性は家にいたわけです。

未だに「みさえ」や「サザエさん」や「のび太ママ」は家にいますけどw

早くマスオさんやヒロシの給料じゃやっていけなくなって、妻がパートに出るみたいな話になればいいのにw現代は共働きじゃないとやっていけない層が大多数なんだから、国民的アニメの癖に現実離れしています。所得格差は広がり、中間層の消失も加速しています。

「専業主夫」「専業主婦」「夫婦で育児休業」などは贅沢な話?

夫婦とあかちゃん画像

専業主夫の話に戻すと、そんな一億総貧困に向かおうかという時代に、その存在は相当奇異にうつります(ただし羨ましいw)。

「女性がバリバリ稼げる」ごく少数の層が「専業主夫」になれるわけです。中には生活をライトに見直してやりくりして主夫になっている人もいるのでしょうけど!

それでも我が家のように子供3人欲しいとか言う場合、切り詰めるにも限界がある(一人ならやってけそうだけど)。だからやっぱり「どちらかの給料だけでやっていける」というのは、贅沢な話にうつってしまいます。

時代やライフスタイルはまったなしに多様化しています。ただしその多様な選択肢を自由に選ぶには「先立つ物(金)」の存在が必要というお話です。

夫婦で育児休業している我々だって、言わせる人に言わせれば、

Aさん
そんな余裕があっていいね

と言われます(ただし私たちも相当切り詰めていますw)。

赤ちゃんと過ごす今だけの時間は「何ものにも代えがたい価値」がある。

男の育休

下世話なお金の話をしてしまいましたが、やっぱり0歳〜1歳の時間というのは、「お金に変えられない価値」を感じます(私の場合)。

2度とは戻ってこないし経験できない時間なんですね!それは専業にまでならなくても育児休業でも十分味わえます。

そんなこと言ったら、その一年間の休業中に会社で経験できたことだって、2度はないかもしれないと言われますが、だから「価値観の話」に堂々巡りしてしまいます。

要するに6ヶ月の所感でも書いたように、「子育てのほうが素晴らしいから育休とれ!」とか、「仕事のほうが大事だから育児休業なんてダメだ」なんて他人に言われる筋合いのないことなわけです。

ワークライフバランスを「ゆるキャリ」に。今しかないこの時間を大切に。

ゆるキャリ

ただ個人的な「価値観」の話を書かせてもらうと、

「バリバリ仕事に注力する」のは、10年後でも可能だと思っています。ゆっくり成長していけばいい。
けど、「ぱぱ!ぱぱ!」と足元にいやってほどまとわりついてくる「小さな子」は、今しかいません。10年後には大きくなっていますよね。

10年後にはベッドで添い寝せずとも子供たちは勝手に寝られます。
10年後には膝の上で絵本を読んであげなくても一人で読みます。
10年後には私と過ごす時間よりお友達との時間が大切になっています。
10年後には悲しい時や辛い時すぐ「抱っこ〜」とせがまず、ある程度自己解決しています。

だから、バリバリ働くのはそれからでも遅くはないと思っています。キャリアアップを急がず、私生活で価値をおいていることに注力する考えを最近は「ゆるキャリ」なんていうらしいです。「ゆるキャラ」みたいですwちなみに反対はバリキャリ」

わたしはどちらかというと「ゆるキャリ思考」で、「10年後には欲しくても手に入らない愛おしい時間」のほうを今は大切にしたいんですね。そして、その時間はかけがいのない一生の思い出になるはずです。

20年もたち子供が巣立ったあとには、ホームビデオや写真でも見ながら、

ぺこぱぱ
あの頃のこの子の成長を見といてよかったね。

と奥さんと話しつつ晩酌をするわけですw

その時の晩酌での会話が、

おくさん
もっとこの子の成長を間近で見ていればよかった。
ぺこぱぱ
うん。この子の成長を見逃してまで働いてたあの仕事は俺たちじゃなきゃいけなかったのかな。

なんて会話なら、酒が不味くなりますw

今日の考えた

まとめ

チェック 「仕事」か「育児」かはあくまで個人の価値観。
チェック しかし共働きの現代、ママには助けが必要なことが多い。
チェック 結婚して共に人生を歩む以上、子育ても丸投げはしたくない(個人的に)。
チェック 専業主夫という選択も多様性の中で生まれたが我が家は無理。
チェック 専業じゃなくとも、育休だけでも大分ママの力にはなれる。
チェック 私は「ゆるキャリ派」。
チェック なので、今しかみれない子供の成長のため、キャリアの中断に抵抗はない。

ロダ男
10年後には味わえない「今だけの愛おしさ」か…。確かに貴重な時間にも感じるね。
ぺこぱぱ
そうだね!人によるだろうけどさ!
ロダ男
15年後にはどうせ「洗濯物一緒に洗わないで」とか、「ぱぱ臭い」「うざい」とか言われているんだもんなw
ぺこぱぱ
かもねwそれを考えると、目一杯「愛でられる」のも今のうちだよw

そんなわけで、育児休業9ヶ月の節目に、男の育休に対する思いをつらつらと書かせてもらいました。これからも目一杯「愛でて」目一杯「遊んで」いきたいと思います!(だから我が家は長女は「愛(め)」、長男は「遊(ゆう)」という字が名前に入っている。)

みなさんは「男の育児休業」どうお考えでしょうか?「現在育休中!」という方や、「とってみたい!」「育休絶対とらない!」という方の意見も聞いて見たいものです!

以上、育休9ヶ月の所感でした。

今日の一枚

男の育休

今しかない時間を目一杯楽しむ!


リンク

★育休3ヶ月・6ヶ月の所感もよろしければ!

男の育児休業とって3ヶ月たったので「生活」や「周囲の反応」を晒すよ

【男の育休】6ヶ月経過の所感。「育児と仕事」どっちが大変?「男の育休」は必要?

★「子供の成長を見逃してまで働いたあの仕事は私じゃなきゃダメだったのか?」はスラムダンクの井上雄彦さんの受け売りですw

俺が育児休業とったのはスラムダンクの「井上雄彦」の影響

★「育休はどうしても無理」って人もいるでしょう。けど活躍できる場はあるはず!

パパの1番の役割はママをご機嫌にする事?〜父親の家事育児参加を考える〜

★私も初めからこんな人間だったわけではありません。本当に子供が産まれるとそのパワーで人が変わるんですね!

結婚・出産・育児などのライフイベントは『人の性格』を変える?

★そもそも「人生の充実」に結婚や子育てが邪魔と思っている層も増えているそうな。

みんな「結婚は人生の墓場」って言うけど何故なのか。

アンチ!結婚ネガティブキャンペーン!結婚生活は不満ばかりだけどそれだけじゃないよ

★「子育て素晴らしい!」と書いたけど、「寝ない」「食べない」「赤ちゃんがえり!?」などなど辛い事も沢山。個人的には仕事より疲れていますw

「こんなはずじゃなかった!」子育ては思い通りにいかない。

【赤ちゃん寝かしつけ】我が家の「1人寝トレーニング」一週間で劇的効果が!

「諦め育児」のすすめ?「できないこと」を「個性」と割り切れるか。

戦慄の「赤ちゃん返り」に「夜驚症」の一週間を振り返る。

★休みな分だけ、子供との体験に時間を目一杯ついやせるのが何より嬉しい。どんどんでかけたい!

【夏を振り返って】子供の成長に一番大事なのは「ドキドキワクワク」〜ドーパミンをドパドパ出そう〜

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも