家作りは難しい!我が家のマイホーム計画。〜住宅契約正念場の納得解とは?〜

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

マイホーム 計画

こんにちは!先日、我が家の毎年恒例行事「夫婦忘年会」を、これまた毎年恒例「ふくろう亭」でおこなってきましたぺこぱぱです。

ロダ男
夫婦忘年会ってなにw
ぺこぱぱ
2人でやる忘年会だよ。1年の苦労や喜びなどを回想しながらたまにはのんびり子供を預けて飲むわけだ。
ロダ男
へ〜!どんな話をしたの?
ぺこぱぱ
それが、今年は回想というよりは、これからの未来の話…最近HOTな我が家の家計画の話が9割だったんだよね。

そんなわけで、ちょくちょくこのブログでも「マイホームを考えている」なんて話題はあげていましたが、その話も数社の工務店や建築家さんとのお話が進み進み、それこそあとは「ハンを押すか?押しちゃうのか?」というところまできております。

ところが…

ここへきて、足踏み状態となっております。今一度立ち止まって考えようと。

決断力のないヘタレですw

スポンサーリンク
レクラングル大

「家作り」と「子育て」は似ている。みんな初心者でみんな違う意見。

マイホーム計画

なんで足踏み状態か。それは、色々なとこで話を聞くうちにわからなくなってきたからです。何がベストなのか。

・信頼できる業者(ハウスメーカー・工務店・建築家など)選び。
・信頼できる営業さん、そして相性。
・間取りや外観が希望にマッチング。
・しかも希望予算内!

これらが揃うってなっかなか難しいんですよね。

めっちゃ良い家建てるけど、価格も腰抜ける工務店とか…。
価格は安くて希望予算を叶えてくれようとするけど、営業さんがダメダメだったりとか…w
会社も営業さんも作る家もとっても好印象だけど、どうしても希望予算には収まらなかったりとか…。

何にしろ、もう一歩踏み出せない!
言ってしまえば、どこも一長一短で選べなくなってくるわけですw

さらに、周囲の人に意見を求めると、それこそアドバイスは無限です。

・家作りの最後は勢い!
・担当さんの相性で決めた方がよい!
・多少高くついても良い家を建てろ!
・無理した家作りは、のちに破産するからやめろ。
・大手ハウスメーカーが絶対安心だって!
・◯◯建築が良いよ!紹介しようか?

などなどなどなど、千差万別ですw結局何がベストかは自分たち次第みたいな感じで、「誰にでも当てはまる最適解」なんてないんです。

この答えをつかもうとすればするほど、「正解なんてない」ってドツボにはまっていく感じが、

ぺこぱぱ
あ〜…家作りって子育てに似てるな…。

って思わされます。

番人に最適な解がないのが家作り。じゃあ個別に最適な解答は存在するのか?

家作り 計画

子育てって、「全体最適解」はない。って言われ方をします。

全体最適解
文字通り、誰に対してもある程度答えの決まっている事象。

子育てにあるのは、「個別暫定解」と言われています。

個別暫定解
個人個人で最適な答えは違っていて、しかも「正解」が暫定でしかなく、時間と空間の間で変化してしまう。

簡単にいえば、ケースバイケースの解答しか存在しない。しかもその「解答」は「時代」とか、「住む土地、通う学校、出会える人的リソース」などの「時間・空間」で大きく変わっていくってことです。

ケースバイケースでよくあるのが、

Aさん
離乳食食べてくれない子には◯◯すればOK!
Bさん
勉強しない子には◯◯の方法で対処しよう!

っていわれても、結局「うちの子」には通じないパターンとかw

「暫定の解答」ってのがどういうことかというと、「うちの子に通じる方法」を独自で見つけても、それが「3日間」しか続かなかったとしたら、その方法は「暫定的に正解だった」だけってことです。

子育てって本当にこんなこと(個別暫定解)ばっかりなんですw

移ろいやすい時代。求められる個人のスキル。〜全体最適解のない時代へ〜

家計画 旭川

逆に、古い教育の考え方で、

Aさん
いい大学に入れば将来安泰だよ!

ってのは、「全体最適解」のいい例ですね。

そんなわけないですよね?子供個々人によって能力は違うし、「夢中になること」「目指したい場所」は違うはず。

それを応援し、なるべく「個別暫定解」を見出さなきゃいけばいのに、「有名大学に入れば安泰だよ〜!」って、それが全員に「最適な解」であるように言うのは馬鹿げてます。

しかし、子供にとっての「暫定の解答」ってやっかいで、一年後にその子供は「別な何か」に夢中になっているかもしれませんwけどそういうもんなんです。

もうひとつ「暫定解」でやっかいなのは、現代は「時代が移ろいやすい」ってこと。

今は「英語が必須だよ!」なんて、それが「全体に最適な解答」みたいに言っているけど、数年後に完成度の高い翻訳機が登場したら(もう結構出てる)、意味が薄れてしまいます。

技術の進歩、時代の加速が「暫定解」の消費期限を「より短くしている」わけです。

「パティシエになりたい」って夢を小さいころからずーっともっていたのに、20年後には「おかし作りの大部分はロボット作業になっていました。」

なんていったら、ずっと「この子の最適解はおかし職人だ」って思ってっても、やっぱり「暫定」にしかすぎなかったことになります。

時代の移り変わりが激しい現代で、もはや「個別暫定解」すらも掴みにくい世の中なんですね。

家作りにも「個別暫定解」しかない。みんなに正解の家作りなんて存在しない。

マイホーム 悩む

さて、だいぶ遠回りしましたが、家作りの話に戻りますw

当たり前の話ですが、マイホーム作りもまったくもって「個別暫定解」なんですね。

例えば全体最適解っぽく言うなら、

Aさん
大手有名ハウスメーカーで建てとけば間違いないよ!
Bさん
住宅の性能はできるだけ高くないと、数年後後悔するよ!

こんな感じでしょう。

じゃあミサワホームで建てたら、かならず「家族全員が満足する家」になるかっていったらそうではない。

高性能な住宅を無理して買って、日々の生活がギリギリでは、それも幸せではない。

じゃあ注文住宅で「個別の希望(プランも予算も)」を全部実現したとして、それが「最適な解答」かといえば、時代とか子供の年齢とか、自分の老いによっては「失敗だった」可能性があります。

子育てと一緒で、非常に正解がつかみにくく、掴んでも移ろう可能性が高い。

「今!これが!ベスト!」

と思ったことが、35年ローン期間中ずっとベストかはわかりません。

暫定正解で家を建てる数々の不安。

家作り 不安

そんなわけで、暫定の解答しかないというのは、言い換えると「その時々で答えが変わる」ってわけです。

じゃあ、マイホームという大きな買い物を35年縛りで買ったとして、月に直して420ヶ月、「現段階で正解」と思ったことが、そのままベストだったと思えるか…?

たとえば、

おしゃれだな!流行りだな!と思ってスキップフロアを多用した家。何十年後自分が脳梗塞で車椅子生活になったら…?

たとえば、

住宅は機能だ!と思って、断熱機密を最高まであげた家にすんだけど、不景気で給料やボーナスが下がり、住宅ローンの返済でアップアップになり、子供と旅行に行く贅沢などができなくなったら?
たとえば、
 
子供が走り回れる家を!と、大きな家に住んだわいいけど、18歳で遠くの大学に進学したら?そもそも子供が家で走り回るのって中学生前くらいまでです。

逆に、

これくらいでいいや!って小さな家にしたけど、まさかの子供3人目、4人目って増えました…。ってなったら?w

親が介護が必要になったら?

子供が私立大学に進学したいとか、留学したいとかいってきたら?

今は会社から出ている住宅手当が打ち切りになったら?

政権交代で金融緩和が終わったら?

ハイパーインフレで住宅金利が馬鹿高くなったら…?

2020年以降のZEH標準化計画で、現在すんでいる住宅の価値が無になったら?

ぺこぱぱ
「“今”欲しいと思う家」って、10年後…20年後にどう思って住むんだろう…。

あれ?やっぱり「生涯賃貸で暮らす」ほうが柔軟で良い?

生涯アパート暮らし

そんなに心配するならやめちまえ!

って話ですよねw

けど、420ヶ月(35年)は長い

起こる可能性のあることは、その発生確率の大きい小さい問わず、一応考えておきたい。

まぁ可能性として頭にあるだけで、それを「どこまで危惧しているか?」ってレベルも人それぞれ違うわけで、私が上記のことを全部、心から心配してるかっていったら、そうではないわけです。

ただ、可能性の話として知っておいてからじゃないと、橋を渡りたくないって性格なだけです。たびたびブログでも言っている、

吊り橋を叩いて叩いて叩きまくって渡らない

って人間なだけですw

まして、マイホームなんて後戻りのできない一大プロジェクトになるとなおさら。それで今足踏み状態なんですね。

そして、いろんな可能性を考慮しているとどうしても、

ぺこぱぱ
あれ…賃貸のほうが柔軟に生活できそうじゃない?

って、元々私が抱いていた結論に舞い戻ってしまうんですね…w

家の契約。最後の正念場で大事なのは「納得解」

マイホーム 決め手

このままでは、

ぺこぱぱ
私はマイホーム買うのやめました!

って結論になりそうですw

けど最近またひとつ考えたことがあります。

それは、

全体最適解なんてないし、個別暫定解はコロコロ変わる。じゃあもうそれを踏まえた上で、「個人的納得解」で行くしか「買う方法」がないじゃん。

ってことです。

どんな家だろうが、どんな不安があろうが、それらを織り込み済みで「納得した」ならそれでいいんじゃないか…?

そう考えないと買えません。

そういう意味では、住宅営業さんからすると私は相当面倒くさい客だと思いますw

だってなかなか「納得」しないんですからw

今日の考えた

まとめ

チェック 家作りと子育ては似ている。
チェック 全体に最適な解答がなく、個別的に暫定の解答があるのみ。
チェック 暫定解ゆえ、35年間のあらゆる可能性を考えると、踏み切れない。
チェック 家を建てるには、あらゆる可能性も織り込み済みで「納得解」を模索するしかない。
チェック ただし私はなかなか「納得」しないので面倒くさいw
ロダ男
結局ぺこはマイホーム欲しいの?欲しくないの?w
ぺこぱぱ
欲しいよ!けど、まだ納得解にたどり着けないって感じ。
ロダ男
何に納得してないの?
ぺこぱぱ
予算だね。あれやこれや希望言っているとやっぱ想定予算こえるもんなんだよねぇ。
ロダ男
希望を断捨離してけばいいじゃん!贅沢言わず!
ぺこぱぱ
けど削ぎ落としていくと、どんどん普通になって、「う〜ん…これなら賃貸でいいや…。」ってなるのさw
ロダ男
めんどくさいな本当w

そんなわけで、我が家の家計画は、現在足踏み状態でございます。とりあえず年末年始、色々な人の話を聞いたり、「納得解」を探す旅に出ようと思います。

ちなみに奥さんは、

おくさん
もうこれで買っちゃおうよ!買えなくないでしょ!いつ買うの?今でしょ!

って勢いなんだけど、私が

ぺこぱぱ
いや、まだ納得できない。もう一歩なんだけど。

ってブレーキになっている感じ。奥さんは極端な思考するので、

おくさん
何それ!じゃあもうヤメちゃえば!怒

ってキレて、

ぺこぱぱ
いや…ヤメたいんじゃなく、あと少しの納得ができないだけなんだけど…。

って時折喧嘩になりますw

けど、まぁ正反対の意見の二人が議論するって大事なことだと思うので、バランスはいいと思っています。ディベートしなきゃ、自分の考えの欠点にも気づけませんから。

熟考しすぎて勢いや決断力にかける私と、勢いはあるけど後先は考えてない妻。

二人の「納得解」が一致し、契約する日はくるのか…?乞うご期待!(誰が)

今日の一枚

ふくろう亭

夫婦忘年会の一部始終。呑みながら奥さんと、「あそこはどうだ。」「◯◯は高い。」「性能はどうなんだ?」みたいな話をしていた。

そしたら、隣の席のおじさんがまさかの「某建設会社の社長さん」w売り込みされたw

しかも斜め後ろには、旭川最大手のハウスメーカー幹部っぽい人たちも…w

友達とトイレで先生の陰口たたいてたら、個室から先生が出てきた時のような気まずさでした…w外で下手な話はできない…。

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも