ブラック夫はホワイト化できるのか妻と話してみた[脱・ワンオペ育児]

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

夫婦喧嘩画像

 先日すくすく子育てで気になるテーマが取り上げられていました。テーマは「脱ワンオペ育児」
 我が家では妻とこの番組を見ながら、

・ブラック夫は改心(ホワイト化)できるのか?
・どうすれば脱ワンオペ育児できるのか?

 ということについてガチ討論してみました。そのことについて今回はまとめたいと思います!

スポンサーリンク
レクラングル大

ハッキリと「大変」と伝えることでブラック夫を改心させる?

夫婦話し合い画像

 まずブラック夫を改心させ、脱ワンオペを図るためにどうすればいいかについて、すくすく子育てでは常連の「発達心理学者の大日向先生」と、「乳幼児教育学の大豆生田先生」がコメントされていました。以下に引用させてもらうと

大日向先生
「専業主婦のママだってフルタイムで育児家事している。(夫が)だらだらスマホしているなんていけませんとハッキリ伝えなきゃいけない。ママたちの孤独に夫は気づいて、なんとかしなきゃと思わなければいけない。そう思えれば上司や会社に掛け合ってでもママを助けてあげられる。」

大豆生田先生
「(世間の)夫の側からする、そんなに辛かったら言ってくれたらいいのにと皆んな口を揃えて言う。女性側からすると、そんくらい気づけと思っている。なので、(妻が夫に)ハッキリと大変さを伝えることをしなければいけない。伝えないと男は気づけない。」

 これらの意見を妻と聞いていて、

・「これって言えばわかってくれる夫を想定しているよね?」
・「そんなに大変だったたんだゴメンよ。早く帰れるよう上司に掛け合うわ!って言ってくれる夫なら、そんなに悩まされないよね」
・「伝えれば解決できるなら苦労はないし、それで変わる夫は真のブラック夫ではないw」

 という話をしました。ということで、上記で解決できるのは「潜在ホワイト夫」「ホワイト夫予備軍」的な人たちだろうと。

 妻が大変なのに気づいていて、かつそのことを妻から伝えられても変わる気がない男が真のブラック夫であると結論づけましたw

 じゃあ、真のブラック夫は改心できるのでしょうか?

何故に男は仕事ばかりで育児家事してくれないのか

 そもそも論として、ブラック夫は何故に非協力的なのか考えたことはあるでしょうか?私はこれに関して、お父さん方もお父さん方で辛い思いをしているのではないかと妻に話ました。

単純に会社に貢献したやつが優遇されるが今の社会

サラリーマン画像

 現代では働いてお金を稼がなきゃ将来の生活が不安だという側面もあります(長寿命化&年金減の影響とか)。
 お金を稼ぐということは、職場から相応の評価を受けなければなりません。
 それは例え生産性のない無駄な残業であろうと、長時間労働を普通にこなしてきたバブル世代の上司は評価するわけです。5時直帰する社員と9時まで残業する社員どちらが評価されるのかという話です。
 遅くまで働き、かつ仕事の中身も伴えば、育児参加のために早帰りしていた男性など、人事評価上敵うわけありません

男性には見栄がある

出世画像

 例えばそれが後輩社員だったらどうでしょう。新入社員であればあるほど、家族や子供がいない時期だし、がむしゃら期なので長時間労働も辞さないでしょう。それを60前後の上司や社長が「おー、20代の新人くん頑張っているなぁ」と評価しているのを横目に、30代のパパは「すいません。妻のサポートあるんで帰ります。」と。嫌でも5年後10年後、後からはいった後輩が自分より評価されたり出世する様が目に浮かびます。むしろ優秀であればすぐにでもポジションを奪われるかもしれません。男性のプライドは(くだらないけど)高いんです。

現代のお父さんは職場と家庭の板挟みにあっている

サラリーマンストレス画像

 このような職場での葛藤を抱えながらも、妻や世間からは「育児や家事に参加しないなんてダサいわよ!」みたいなプレッシャーも受ける。

板挟みですw

 要は、働いて評価されてお金を稼ぐ事と、育児参加することが対立軸にある社会なんじゃないかと言うことです。育児や家事をとれば職場での評価や稼ぎはダウン。職場で働き金を稼ぐことを取れば、妻や世間からの評価がダウン。辛いですね。お父さん方はお父さん方で葛藤していると思います。それが最近言われる「帰宅恐怖症」なんかにもつながっているのかもしれません。

現代は男性の育児参加が普通になるまでの過渡期

夫婦ストレス画像

 そんな中、男性が育児に積極的に参加することを推奨する企業や、それを理由に職場での評価で不利にしてはいけない制度や、育休とっていても受け取れる給付金が増えてくるなど、企業・国・世間の価値観が三位一体で変わってきてはいます。

 要するに今は「過渡期」なんだと思います。一番辛い時期。パパにとってもママにとってもです。あと20年して現在の50代・60代が退けば、多分一気に変わる気がします。
 現在耳にタコができるほど「育児に参加しろ!」と言われている30代男性達が上司や社長の立場になりますからね!

 でもそう考えるとですよ?今いる上司の評価なんて気にせず、育休でも時短業務でも5時直帰でもできそうじゃないですか?

そもそも妻を助ける気がないやつ=真のブラック夫

ブラック夫画像

 さて、話を「脱ワンオペ」「ブラック夫の改心」に戻しましょう。これに関しては正直、私も妻も良い打開策が浮かびませんw

 もし仕事上の評価や周囲の目を気にするタイプの夫であれば、前項で話したようなことを話あうことで、少しは育児や家事の方向を向いてくれるかもしれません。
 要するに「今は過渡期で辛いけど、あなたが会社の中で高齢の立場になるころには、育児参加に理解のない上司なんていなくなるんだから」と伝えてなんとか説得するわけですね。

 けど問題だと思うのは、「そもそも助ける気がないやつ」だと思うんですよw

 これまで話してたのは、妻もサポートしたいんだけど、会社という組織の中での“自分の価値”も大切にしなきゃいけないと、板挟み食らっていたパパの話です。

 そもそも助ける気のないやつ。仕事も対して頑張ってるわけでもなく、早く帰ってきて妻が洗濯したり茶碗洗っている横でパズドラとかやってるやつ。休日は自分のしたいことして、子供が泣いていても横で昼寝できちゃうようなやつ。

 これが本当の意味でのブラック夫だろうと、我が家では結論づけましたw

真のブラック夫改心には離婚というカードしかない?

離婚画像

 私たち夫婦は、この「そもそも助ける気のないやつ」に対する解決案を見出せませんでしたw何をやっても何を言っても馬の耳に念仏では話し合いにもならないので、解決に向かわないからです。

 けどその馬の耳にも届く言葉があるとしたら、それはかなりセンセーショナルな言葉でなければならないはずです。それは多分「このままなら離婚する」ですよね。

 実はこれ、すくすく子育てに参加していたゲストママが使った解決策らしいのです。

 このカードを切らせるまで妻のサポートをしない旦那っていったい…。って話もうちの妻としたんですが、それでもこのカードで変わってくれたならよしとしませんか?とも思います。

 だってこれで変わったってことは少なくとも「あなたや子供と離れるのは嫌」なわけです(世間体とかいう理由はさておき)。それってちょっと嬉しいですよね?(そんなことない?w)

上には上がいる「ろくでなし夫」

離婚画像

 さて、さらにさらに真のブラック夫の上をいくとしたら、離婚というカードに動じず、「いいよ。したいならするよ。」という場合ですね。

 これはもうブラックなんとかとか最近の言葉を割り当ててやる必要もなく「ろくでなし」でいいですwそもそも働かないでクッチャネしているやつを「フリーター」とか「ニート」とかかっこいい呼び方するから、「やべー!俺ニートなんすけど」とかラフな感じで語れちゃうのと一緒で、「ブラック夫」ってちょっと響きがいいんですよ。ヒーロー戦隊の「イエロー◯◯!」「ブラック◯◯!」みたいなノリでw「聞いてよ〜俺ブラック夫って言われちゃった〜」とかちょっと冗談混じりに言えちゃうんですよね友人とか同僚間で。

だからもう「ろくでなし」でいいと。もしくは「問題外夫」とか「役立たず夫」とか、もっと心に直接打撃効果を示す呼び方でいいと思いますw
 そのレベルの夫に対しては、妻も私も「マジで離婚していいレベルだよね」と話ました。だっているだけ邪魔になりますよね。いない方がいっそ育児も家事も楽になるかもしれないレベルの夫です。(金銭的にはきつくなるかもしれませんが、今は1人親向けの色々な制度もありますし)

まとめ

夫婦協力画像

 さて今回は、我が家が「ブラック夫」「ワンオペ育児」について話し合った内容を記事にしましたが、いかがだったでしょうか。

もう一度完結にまとめると。

 ・苦労を伝えてサポートしてくれるようになるくらいの夫はブラック夫ではなく、潜在ホワイト夫じゃないか。という話。
・もしかしたらあなたのお宅のブラック夫も、「社会と家」の板挟みで苦しんでいるかもしれない。今は過渡期だから、その葛藤もわかってあげた上で話し合ってみては?という話。
・そもそもサポートする気がない夫は「ろくでなし」。離婚考えていいレベル。という話。

 以上です。ブラック夫・ワンオペ育児に関してご意見やご感想いただけると、参考になり嬉しいです。

関連記事

みんな「結婚は人生の墓場」って言うけど何故なのか。
世の中は「結婚生活ネガティブキャンペーン」横行している。何故こんなに結婚に悲観的になったのだろう?
「ブラック妻」と私。離婚の危機をスタバで乗り越えて
離婚がよぎるほどズボラな妻に悩む夫がまたも大喧嘩。からのフラペチーノを飲んで仲直りした赤裸々話。
共働きで「家事を分担」するのは無意味と思うわけ
家事分担50:50は本当に理想的?私は「割合より助け合い」と考えます。その理由をクドクド語ります。
男の育児休業とって3ヶ月たったので「生活」や「周囲の反応」を晒すよ
12月29日に「長女」の41度のインフル高熱弾と、「妻」の予定外の破水弾を早朝の目覚めと同時にくらって早3ヶ月。 あの日から私は育児休...

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも