『BESSの家』展示場レポートin札幌〜価格や評判についても実際に聞いてみた〜

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

bess 評判

こんにちは!一生賃貸派のぺこぱぱです!自分と奥さんだけならまだしも子供が二人いてもう一人いてもいいとなると、賃貸暮らしが非現実的となってきて、最近マイホームを見漁っております。

ロダ男
ビックダディにでもなるつもりか?
ぺこぱぱ
そんなわけあるか!3人っていってるだろw
ロダ男
しかしBESSってあれだろ?安くログハウス建てられるけど低品質っていうw
ぺこぱぱ
もちろんそういう噂もあるけどね。あとでも詳しく話すけど、そもそも大手ハウスメーカーと違って品質売りじゃないって気もする。
ロダ男
実際見てきてどうだったの?
ぺこぱぱ
その話を今日は写真や動画を交えて詳しくレポートするよ!展示場スタッフのお話なんかも紹介するよ!

そんなわけで、本日は

・BESSの展示場で実際の建物を見てきた感想。
・BESSの住宅性能・品質は悪いの?良いの?
・BESSの営業スタッフの評判は?実際の印象。
・BESSの家は高いの安いの?値引きはあるの?
・結局どんな人がBESSの家を選ぶのか?

などのお話を書いていきます!

スポンサーリンク
レクラングル大

遊べるログハウス「BESSの家」の感想〜魅力いっぱいのガジェット達〜

まずはじめに札幌営業所(展示場)の360度ビューを見て見てください!

5棟の趣向の違うBESSの家(カントリーログハウス・ハンドヒューンログハウス・ワンダーデバイス・程々の家・BESS DOME)と、楽しく遊ぶ子供達が見えますね。

実際その場に立つと、視覚以外にも、薪の焼ける匂い、小屋で煎れているコーヒーの香り、子供達のはしゃぎ声などが五感に飛び込み、

ぺこぱぱ
あ、なんかこの空間いいな。

と瞬時に思わされます。

ちょっとハウスの中も覗いててみましょう!

BESSのログハウスは子育て世代におすすめか?子供の反応。

結論から言ってしまえば、子供にとってこんな楽しい空間はないってくらいの家でした。

まずはログハウスの内部の雰囲気。ハンドヒューンログハウスというタイプの内部をぐるり見渡している動画。雰囲気つたわりますかね?

BESS 登り棒

棒を上がったり下がったり繰り返して遊んでた

BESS 恐竜

庭に恐竜!?

BESS ガジェット うんてい

家にうんてい!?

※登り棒やうんていや恐竜は家を買った時に付与されるポイントで交換できるそう。

長女のはしゃぎようったらありませんでした。キラキラした笑顔で家を含め展示場を遊び尽くしていました!

BESS 木製オセロ

BESS 展示場 札幌

ぺこぱぱ
そんな姿見せられたら買ってしまいたくなるやん。

って思うには十分の好反応w実際に娘は

娘ちゃん
ねーこのお家買おう?買えないの?

と言い出していましたw

BESSの家 展示場

我が家のようにウクレレみたいの弾いてくつろぐw

初めての薪割り楽しかったのか、越冬前の準備かってくらい割っていましたw

BESS 薪割り

初の薪割り

工務店と個室で図面やカタログとにらめっこしていると湧かない、「生活のイメージ」「マイホームがどんな体験になるのか」ってのがモリモリ湧いてきます。

BESSの家

静かなスペースで本を読む

そして、欲しくなるw

この「遊べる体験空間」としての住宅展示場の見せ方は、ちょっとずるいなとさえ思いました。

BESSの家 展示場

焼きマシュマロもずるいだろw

BESSのログハウスの評判やメリット・デメリットについて

しかし、理想が膨らんでも「勢い」で買えないのがマイホーム。30年以上住む場所として「適切か?」「支払っていけるのか?」「一生そこに住みたいか?」などなど、リアルな現実も見なくてはなりません。

BESSの遊べるログハウスに住み続けることはできるのか。老後のログハウス暮らし。

昼ごはんをBESSでコーヒーをいただきながら、一度冷静な思考になってもう一度家を眺め、そして覗く。

BESS ワンダーボイド

一番気に入ったワンダーデバイス

この若々しい外観におじいちゃんになっても住むのか…?所ジョージなら似合うかもしれないけど、自分はどうだ?

BESS 丸太小屋

これ系は妻が

おくさん
家じゃなくてコテージに泊まりにきた感じで嫌だ。

って言うし。

程々の家 BESS

これ(ほどほどの家)は完全にセカンドライフだw

「遊べる家」への憧れも、妻と冷静に話すと、

ぺこぱぱ
「うんてい」や「登り棒」「ウォールクライミング」って何歳まで遊んでくれるだろう?
おくさん
高校生になってまでやらないよね?
ぺこぱぱ
使って「10年〜15年」…。そのころ俺は「46歳」。まだ死ぬまで40年はある。邪魔だなw
おくさん
そもそも公園とか小学校にいくらでもあるでしょ。空間狭くしてまでつける?
ぺこぱぱ
う〜んそれもそうだ。ってか毎日そこにあると逆にやらないんじゃない?けど洗濯物干しになるなw

などなどごちゃごちゃと考えるわけです。

ブログのタイトル「考えるパパ」の通り、家だろうが小さな家電、例えばシェーバーひとつだろうが、考えて考えて納得しないと買いません。勢いで買えないたちなのです。

結果、

BESSの家の「遊べる」って要素は、住み始めてむこう15年くらいはいいんだけど、それ以降の住まいとしていまいち魅力的じゃないとも思えてくる。また、その魅力は「外」にもたくさんある。

と、考えました。

BESSのメンテナンス費用は?何年くらいでメンテナンスが必要?

「15年くらいはいい」というのは、修繕・メンテナンスに関しても言えそうです。

BESSは初期値が安いです。坪単価が60万くらいからあります。

けど「ログハウス」はメンテや修繕が不可欠。実際展示場の築14年のワンダーボイドの床は「ボロボロ・傷だらけ・シミだらけ」ですw

BESS メンテナンス

10年でこれなら、一生の住まいとしてどうなのか。

ちなみに、実際建築現場に立ち会っている人の感想では、初期値を安く抑えているためか「家の材料」はヒドイものだったとのこと…。(その人がどの程度目利きのきく人かなどわからないが)

また住んでいる人の意見として、「ウッドデッキは毎年」、それ以外の「外の木製部分は3年に1回塗装」が必要と言われています。

高頻度な気がしますが、「元の状態の維持」つまりは「性能の維持(塗装がハゲれば気が湿気を吸いダメージをうけ腐っていく)」を考えると、サボれないですねwログハウスの塗装なんて大規模すぎて、その頻度で自分でやるとなると木の家だけに気が遠くなりますwかと言って業者に頼むと高くつきます…。

BESS メンテナンス

家の中も全部木だし、塗装するって気が遠くなるw

建った当初の「ピカピカログハウス」の状態は長くは続きません。ボロくなっていくのを「味」という人もいえば、嫌な人もいるでしょう。我が家は奥さんが

おくさん
床に傷ついたり、色褪せてくから無垢の自然素材は嫌い。人工板がいい。

と、傷NGタイプなのでこの辺はデメリットです。

BESSのログハウスは台風や地震、ゲリラ豪雨などの自然災害に立ち向かえるか?

また最近は天候が乱暴です(異常気象)。台風も多いし、ゲリラ豪雨は目に見えて多くなっています。大きな地震が来るとの予言も(南海トラフ地震・首都直下型地震など)。

鬼怒川決壊の時は、ヘーベルハウスというメーカーの白い家だけが流されず、その周辺の家は全滅…なんて話題になりました。

あんな手放しで称賛できる耐久性はBESSにあるのだろうか?

色々調べて見ると、「耐震等級3」という最高ランクの基準はクリアし、実際に「3.11」の日、震度4では倒れなかったとの話もあります。

参考記事BESSの耐震等級

公式ページでは1993年の北海道南西沖地震、1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越沖地震にも耐えたと買いてあり、実際周辺の家が東海している中にBESSが立っている画像も掲載されています。

また耐火性の話でも、ログハウスは燃えやすそうなイメージですが、隣家が燃えても燃えないそうです。表面が黒くなっただけで、室内への被害は免れたのだとか。

「耐水」に関しては気になる「実際に住んでいる方」の口コミがありました。

「bessでログハウスを建て10年が経ちました。台風などの横殴りの雨の時などは、1、2Fジョイント部分などからの雨漏りが最近ひどくなっています。普段は問題ないのですが、台風などの時は必ず雨がしみ出してきます。」

「水に弱い」。この辺はログハウスの宿命なのでしょうか。

公式ページを見ると、「メンテナンスを怠らなければ腐りません」と書いてありますwちなみに木が腐る条件は「水分、酸素、温度、栄養」が揃うことだそう。これらを侵入させないための細やかなメンテナンスが必要というわけですね。

家の外観も内装もふんだんに「木」なんだから、修繕費は馬鹿にかかりそうです…w

BESSの家の品質は?スタッフの評判は?

上記の話をしてから品質の話にいくのもなんですがw

これに関してはネットでいくら調べても「まちまち」すぎてわかりません。

なぜかというと、BESSはフランチャイズで全国展開しています。そして全国各地で「BESSの家」を建ててくれるのは、BESSの大工とかじゃなくて、地元の工務店などが請負ます。

これが品質にばらつきが出る原因ですね。

ちなみに同様の理由により、スタッフのスペックにもばらつきがありますw
わたしも実際話を聞いてて思いましたが、「住宅のバリバリ営業マン」というより、「アウトドア好きのお兄さん」って感じですw

家の性能に関して聞いても、「カタログ上のこと以上も以下も言わない」という感じで、正直詳しい説明を期待してもダメな感じw

正直、品質気にして家買うなら、もっと無限に選択肢があろうかと思いますので、BESSの家に住もうというかたは、

・手がかかるのもログハウス。
・その分普通の家じゃ得られない雰囲気がある。

と、考えているんじゃないかと思います。つまり、ある意味で「贅沢な趣味」の感じはぬぐえません(個人的には)。

BESSの家の値引き〜値切って安く買う事はできるのか〜

さて、修繕費・メンテナンス費用がかかるなら、購入時になるべく「値切って」月々のローン返済抑えて、修繕費にあてたいと思うでしょう。

けどBESSは一切値引きありませんw

坪単価が安いのはこのせいもありますよね。そこからは「引かないよ」と。

他と差別化した「ブランド力」を持っている企業によくあることですね。例えば「スノーピーク」とか「Apple」とか「各種有名なマークの財布やバック」とか。

スノピとBESSの客層はきっと似ていそうw

ブランドというのは「強い求心力」があれば、値引きしなくてもいいんですね。逆に「安売りをする」というのは、それだけ「ブランド力がない」から値を下げて対抗しようとするわけです。つまり、「BESSの値引きしない」というスタイルは、言い換えると

うちのブランドの良さをわかる(気に入った)人にだけ届けばいい。

という強気な営業スタイルなわけですね。住宅不況時代に大したもんですw

BESSの営業スタッフに疑問質問ぶつけてみた〜BESSの家って本当のとこどうなの!〜

スタッフに直接伺った話についてもまとめましょう。

けど正直、先ほども言った通り、期待以上のことは聞き出せませんw

・雨漏りとか水入ってくるって口コミもありますが?

スタッフ
ワンダーボイドは外側を「ガルバニウム」でコーティングしていますから入ってきません。

※ワンダーデバイス方向で話していたからか、普通のログハウスの性能の話は説明なしでした。けどログハウスの性質上(木は温度で収縮とか)隙間0とはいかないのが現実でしょう。

・アフターサービスは?

スタッフ
50年保証です。建て始めたら、会社が倒産しようと完成させて渡す完成保証もついています。

いい部分しか説明しないというか、カタログに書いてあることを淡々と読まれるだけwただ、北海道の広大な地にひとつ(江別だけ)しか営業所がなく、きめ細やかなアフターサービスが望めるかと言えば希望薄な気もします。

・値引きは…?

スタッフ
ありません!その代わり住宅購入時にポイントが付与され、好きなアイテムと交換できます。

即答ですwBESSのガジェットたちは、「値引きないけどこれらから好きなの選べるよ」という口実のひとつにもなっているようです。

BESS カメ

このカメも奥に見える恐竜も住宅購入のポイント分で選べるギフト…wこんなのもらうより一銭でも値切りたいのですがw

・どこの工務店が担当しますか?

スタッフ
旭川だと米沢建設ですね。各地の信頼できる工務店に委託しています。

これはあとから調べたことですが、旭川の米沢は、この地域で棟数もこなしており、老舗なので言っていることはあながち間違いではありませんでした。ただだからこそ「地域差」が出てくるのでしょうね。

・断熱性能は?ログハウスって寒そう。

スタッフ
大丈夫です!みなさんこれで暮らしています!展示場の家もストーブ一個で暖かかったでしょう?

ポジティブなのか説明したくないのか、知らないのか、そんなん気にして住むなって言いたいのかわからないけど、とりあえず「断熱材の性能」「厚さ」「機密性」「湿気りやすさ」など聞いても、全部

スタッフ
問題ないですよ!大丈夫ですよ!

程度の回答しかえられず、かなり不安になりましたw

しかも、この日は秋晴れで北海道の10月でも20度ありましたから、こんな日をもってして「入ってみて暖かかったでしょう」と言われてもw

以上が営業スタッフさんとの会話の内容とその感想・感触でございます。

こちらもある程度の知識をもって突っ込んだ質問をしないと、軽くいなされます…wまぁそれはどこのメーカー・工務店でも同じかもしれませんが。

けど少なくとも私の住んでいる地域No1の石山工務店では、「住宅の性能とアフターがいかに安心できるものか」という説明を延々と話していくところからスタートしていました。

「生活のイメージ」から入っていくのか。「住宅の性能、安心」から入っていくのか、人によって好みはわかれるでしょうが、黙っていればメーカー側からどうプッシュしてくるかによっても、ある程度「何を売りにしてやっているのか」が推し量れる気もします。

BESSは完全に「生活のイメージ」を「楽し〜〜〜!!」というメーターに振り切ってから押し切るタイプに感じましたw

BESSの家についてまとめ

メリット
・普通の住宅じゃできない「空間体験」「生活スタイル」を自分好みに演出できる。
(ブランド力がある)
・その割には坪単価安い。
・子供が小さいうちはこの上なく楽しい家だろう。
デメリット
・15年後には「普通の家の普通の生活スタイル」で十分になってしまう。
(登り棒とかうんていとか、ハンモックとか使わないだろう。)
・子供が小さいうちは楽しめるが、自立後持て余すだろう。
・10年後にはメンテ・修繕の可能性大。
(築14年のモデルハウス床ぼろぼろだった)
(10年住んでいる人の雨漏りの口コミ)
(そもそも自然木の特性として手はかかる)
・値切りが一切できない。
・地元の大工に委託する。品質にばらつき。
・BESS展示場のスタッフの営業力も様々。
(私の印象は営業じゃなくアウトドア好きお兄さん)
ロダ男
なるほどね。子供が保育園年長〜中学3年くらいまでの10年は最高だけどその後がってことねw
ぺこぱぱ
そうそう。使わなくなった機能満載で修繕費がガンガンかかる箱と化すかなと。
ロダ男
う〜ん。理想と現実のギャップって感じですな。
ぺこぱぱ
資金力があれば「良いね〜!これに決めた!」でいいんだけどw普通は一生に一度の買い物だから、それ考えるといまいち非現実的かな〜。
ロダ男
家の前にまず宝くじ買いにいこうかw
ぺこぱぱ
それこそ非現実的だわw

さらにちょいとネガティブな話をすると、年金もどれだけ減るのかわからない…長寿化で修繕費に当てる費用が老後にあるかもわからない…。老後まで一生仕事はあるか…?

売って住み替えればいいじゃんといっても、人口は一億きって、家も土地もありあまる時代に、「ある土地の、ある朽ちたログハウス」を誰か買ってくれるのか?

そもそも「自分たちカラーを出す家」だから中古は売れないだろうし。しかも日本人は新築フェチだから、そもそも住宅購入はもはや「投資ではなく人生で一番高い消費」と捉えなきゃいけない。

以上のような話をまとめて私個人のBESSへの印象は。

ぺこぱぱ
「金持ちの贅沢な趣味臭」が強い…w

金持ちじゃなくても「初期費用の安さ」と「今得られる楽しい暮らし」につられて、飛びつける金額なのも怖い…w

けどあれ、本当に箱だけの価格だから、初期費用なんかもかかりますからね…。計算に入っていないんです。

しかもローンとなると、金利もかかりますからね。

もっと言うと、ああいう家に合う「家具」「ラグ」「雑貨」なんかも揃えていかないといけません。空間を自分好みに演出するための「カスタマイズ」費用がかかるということです。

最後に

ぺこぱぱ
ただし嫌いじゃない。むしろめっちゃ好き!

ということを断っておいて、今日のレポを完結したいと思います!

買えるなら 買いたいけれど 金がない(5−7−5)

おしまい!

※他にもマイホーム計画まだまだ検討段階なので、またネタがあれば書いていきます!

今日の一枚

BESS 子供部屋

この日以降、自分の家、自分の部屋が欲しいとすがる娘…。

私の一生賃貸計画が音を建てて崩れていく…とほほ…w

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも