「諦め育児」のすすめ?「できないこと」を「個性」と割り切れるか。

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

諦め育児

こんにちは!過保護のカホコが面白くて日々続きが気になっているぺこぱぱです。あれ原作とかあるのかな?あったら読んで見たい!

ロダ男
もぐもぐもぐもぐ…
ぺこぱぱ
おい!もうブログ始まってるのに何もぐもぐしてるんだ?
ロダ男
ん〜…朝食。
ぺこぱぱ
んまだ食ってんのか!
ロダ男
しゅっしゅ..ぽちぽち
ぺこぱぱ
スマホなんかしながら食ってるから遅いんだろ!早く食え!
ロダ男
早くってこれでも急いでるんだけど?
ぺこぱぱ
あ〜もう。とにかくスマホやめて朝ごはん集中して食いなさい!

さて、冒頭からいつもの茶番で始まりましたが、我が家の長女に言っても言っても解決しない悩み…それは「ご飯のダラダラ食べ」。特にモーニング!!!

みなさんも「何度言っても全然ダメ!」という子供の困った行動の1つや2つありますよね?

*お友達や兄弟でのおもちゃの取り合い
*何度言っても歯磨きしない!
*お片付けが脅せど褒めど出来るようにならない…。
*朝でるときの支度がダラダラでいつもギリギリに。

もう一度いうと我が家では

「ご飯をダラダラ食べる(時間がかかりすぎる)。」
「食べるよりおしゃべりが多い。」
「食事中でも赤ちゃんのとこに立って行ってしまう。」

などなど、食事マナーに関する悩みに、ここ何年も頭を悩ませています。

記事のタイトル(諦め育児)から心中お察し頂ける方にはもうお判りかと思いますが、我が家ではもう悩むのをやめました…w(いいのか?w)

スポンサーリンク
レクラングル大

「ご飯を食べるのが遅い」は昔も今もしつけの悩み第一位?

朝食遅刻

ミキハウスの子育て研究所で行なっている調査によると、しつけの一番の悩みは「食事中のマナー」となっています。その他は以下参照。

「食事中のマナー(46.6%)」
「我慢すること(36.0%)」
「おもちゃの片付け(34.0%)」
「歯みがき(23.1%)」
「お友だちとの関わり方(22.6%)」
「衣類の着脱や片付け(20.0%)」

引用“しつけ”どんなことに悩んでる?

「食事中のマナー」がしつけの悩み第一位なのは面白いことに昔も今も変わっていないそうです。(以下の育児書で詳しく書かれていました。)

そして、アドラー式言葉かけ練習帳によれば、親が子供に言っているもっとも多いしつけ言葉は

「早くして!」「早くしなさい!」

だそうです。以下の本ですが、帯にも書いてありますねwまさに我が家の状況w

これらのデータはうちの長女にもドンピシャで、逆に「あ〜みなさんも悩んでいるんだな。」と嬉しくなったくらいなんですが、我が家も「ご飯問題」「早くしなさい」問題がダブルで悩みのタネとなっているのが現状です。

ロダ男
もぐもぐもぐ…
ぺこぱぱ
いいかげんにしろ!
ロダ男
アメリカンジョークだよ!そんなカリカリしないで!もう食べ終わったから。
ぺこぱぱ
余計いらいらするはその冗談。
ロダ男
しかしあまたあるしつけの悩みで「ご飯」が一位なんだね。
ぺこぱぱ
そうだね〜。2位は「我慢」ってところが現代っぽいね。
ロダ男
ちなみにぺこぱぱのとこのお嬢さんは実際どんな感じなの?食事。
ぺこぱぱ
はぁ〜…聞いてくれる?

食事への意欲が薄すぎる!?我が家の長女のダラダラ食べ。

ダラダラ食べ

とにかく我が家の長女は、ダラダラ食べる。食事への意欲を感じないんですよね。

他のお友達とかと食事にいく機会や、保育園の参観日で見ていると、スピードは遅くとも「黙々と食べている」子供とかいるんですよね。それを見るたび、

ぺこぱぱ
あ〜…あんな風に懸命に食べてくれたら、作りがいあるのに…。

と羨む日々w

「一生懸命食べているけど遅い子」「しゃべったり遊んだりして遅い子」だと前者はまだ許せると思うんですよ。けど後者は怒りのパワーが溜まってくる…w

うちの長女は後者で、とにかく食事中もしゃべるしゃべる。60分食事時間があったら30分は喋ってるんじゃないかというくらい。

そして、長男が生まれてからは、長男をあやすあやす。これはこれで微笑ましい光景なのですが、ご飯中に長男が泣いていると、席を立ってあやしにいったりするので困りものです。

どうしたらちゃんと食べてくれる?「褒める?叱る?スルーする?」あらゆる策も効果なし。

朝ごはん子供

「叱る・怒る」で子供の食事マナーは変わるか?

昭和初期の厳格な頑固オヤジがいる食卓的に言えば、「食事中の私語は慎めぇ!!」「食事中にはTVをつけるなと言っているだろぉ!!」と威喝して子供を望ましい行動に持っていくでしょう。体罰も平気であった時代ですよね。実際私も妻も、長女の態度に耐えかねて何度も「そこそこの剣幕」で怒ったこともあります。

ぺこぱぱ
けど、効果はなし..。泣くだけだし、後日改まるわけもないし、何より罪悪感が残る。

褒める子育てで子供の食事マナーは変わったか?

2000年代からは「親との信頼関係」を第一にした「褒める子育て」が流行。そういう本には、できない時に「叱ったり怒ったりせず、子供が“できたとき”にたくさんの愛情をこめて褒めましょう。」とあります。そうすれば望ましい行動が増えて行くと。

ぺこぱぱ
はい。褒めても効果ありません。その日気まぐれで食べれただけ?なので、継続しません…。

「食べる理由」をきちんと伝えれば子供の食事マナーは解決するか?

また、少し時を進めると「褒めすぎるのもよくない」という子育て本が流行りだし、「理由をきちんと説明する対話式子育て」みたいなのも増えだしました。
そういう本には、「どうして◯◯しなきゃいけないのか、きちんと理由を子供に説明してあげましょう。」と書いてあります。根気よく“理由”を説明して“お願いする姿勢”がいつか子供に伝わると。

ぺこぱぱ
全然伝わりません。「なぜ時間までに食べなきゃいけないか」なんて理屈で説明してわかってくれるなら苦労しない…。

アドラー式子育てで「子供の食事マナー」は解決するか?

最近流行りだした「アドラー式子育て」ではついに「褒める」も「叱る」もしないと書いてありますw子供自身の課題は親とは関係のないことなので切り離して考える。つまり「スルー」が正解であると。

ぺこぱぱ
そんなことしてたらほぼ食べずに登園することになるんですけどw

「食事をきちんと食べれたらご褒美!」で食事マナーは変わる?

ご褒美で釣る作戦もしました。40分内で食べ終われば、「宝箱」がもらえ、中にはちょっとしたお菓子がデザートとして入っています。詳しくは以前記事でも書きました。記事中でも書いていますが、一時期これで長女の食事態度が変わり、

ぺこぱぱ
これは使えるぞ!成功だ!

と思ったときがありましたが、それも今や昔。お菓子とチャレンジに飽きたのか、今は大して気にもとめていません。

ロダ男
こりゃお手上げだね。
ぺこぱぱ
でしょ?
ロダ男
で、どうすることにしたの?長女ちゃんのご飯問題は。
ぺこぱぱ
もうね。妻とも散々話したけど、諦めることにしたw
ロダ男
諦めたのかいw考えるパパの名が泣くぜ?
ぺこぱぱ
考えた結果の「諦める」だよw諦めるじゃ言い方悪いから、「受け入れる」のほうがいいかな。

食事を食べるより「しゃべりたい」のも個性として受け入れる?

朝ごはん子供

「食事が遅い」「ダラダラ食べている」と言うとイライラして腹立たしい長女の食事問題。あらゆる手を尽くしても解決しないので最終的には「受け入れることにした」というお話をここまでしてきました。

色々な本を読んだり、誰かのブログでうまくいった方法を見たり、叱ったり褒めたりしたって、「どうにもならないこと」というのはあるんですね子育てって。もちろん解決してきたこともありますが、長女の食事の場合どうにもなりませんw

もちろん食事に手をつけずずっと喋っていたり、立ち歩いて長男のもとへ行ったりしてもスルーするというわけではありません。ちゃんと注意します。

けど、それで明日明後日1週間後に「ちゃんと食べれるようになる」って希望を持つことをやめました。

「希望をもっている」から、その通りにならなかったときに「イライラ」するんです。

「イライラ」するのは親も子も精神衛生上よくありません。しかも毎日のことだしw

だから、

ぺこぱぱ
あんまり食べないのも個性かな…。

と思うようにしました。

「喋っているから食事が進まない」ってイライラするより、「食事にそんな執着しない性格だから、変わりにしゃべっているのかな?」と思うようにしたわけです。

つまり「食事<<<喋る」という性格。

どんなけおしゃべりさんやねん。

でも会社の飲み会とかでもいますよね。食事に手をつけるより、ず〜っと喋っている人とか。取り分けたお皿のお鍋とかも最後まで冷え冷えで残っている人w

今日の考えた

まとめ

チェック うちの長女は「食事が進まない子」
チェック しゃべったり、弟を構ったりしてしまう。
チェック 褒めても叱っても説明しても効果はなし。
チェック あらゆる手を尽くしても解決しないこともある。
チェック 望ましくない行動も時には「受け入れる」姿勢が必要?
ロダ男
「受け入れる子育て」次の育児啓蒙ムーブメントになりそうじゃね!本かけよ!
ぺこぱぱ
「子供のすべてを受け入れましょう」「頑張りすぎないで」みたいな本たくさんあるよw
ロダ男
え?そうなの?それで過保護のカホコみたいな子が増えたのか。。
ぺこぱぱ
いや、あんな子いる?wけど、最初から「すべてを受け入れる!」からスタートするのも違うと思うよね。
ロダ男
悩んで試して、どうにもならない事に対しての最終決断として、「受け入れよう!」があるってことね。
ぺこぱぱ
そう!だって解決できた問題もあったはずでしょ。それを放置した結果がカホコだよ。最初からすべて「ありのまま」受け入れちゃってる。
ロダ男
ありの〜ままの〜姿見せるの〜
ぺこぱぱ
はいはいはい。歌うと思ったけど、今時「ありのまま」ワードでそれ歌うの古いよ。
ロダ男
朝ごはんたべ〜よ〜。ねえ早くしてぇ〜。
ぺこぱぱ
「雪だるま作ろ〜」みたいに歌うな!急に歌い出すからまとまんなくなっちゃったじゃないか。
ロダ男
「頑張っても解決しないしつけ問題」1つや2つ3つ4つくらいあるよね。そんな時は「個性として受け入れる」ことも大事なんじゃないかな?
ぺこぱぱ
急にまとめてくれてありがとう。けど3つ4つは多すぎないか…。

そんなわけで、今日のタイトル通り、「できないこと」はもう「個性」として割り切ってしまうことにした話でした。

「できないことは全てママがやってあげることにした」という受け入れ方をしたのが、現在「日本テレビ」で放映中の「過保護のカホコ」ですね。しつこいですねwいや、面白かったんで…ぜひ見て見てくださいw

最後に!記事タイトルに「諦め育児」と書きましたが、なんかネガティブなので「受け入れ育児」と改めますw

みなさんも、どうにもならなくて「受け入れることにした」お子さんの困った行動…ありますか?

では、今日はこれで!

今日の一枚

お食い初め

そういえば、「将来食べ物で困りませんように」って願いを込める「お食い初め」の儀式でも、すっごい嫌そうだったなぁ〜w

「食べ物で困る」事はないけど、「食べる事で困っている」この日の前兆だったのか…w

「イイね」でFollow!
記事更新通知が届く!

Follow求む!!
The following two tabs change content below.
4歳のおしゃべり長女&0歳のおしゃぶり長男の父。元々根暗なゲーマー。子供が産まれ一念発起しイクメンに(なりきれてない)。現在「育休中」。一人悶々考えるのが好き。時折それを妻に話すも対して相手にされないのでブログで綴るw ペコパパについて詳細
スポンサーリンク
レクラングル大
レクラングル大

記事が気に入ったらシェアしてね(^^)/

お父さんもお母さんもお姉さんも